絵本

黒川祐希

564文字

詩です。色々と想像する時間は楽しいです。

絵本が好きだった
そんな出だしから始まる小説を
いったい何本破ったのだろう
僕はあと何本の電車に乗るのだろうか
毛虫に気管をくすぐられている
今日もまた電車が走っている

電流に似た軽い眩暈がして
グロテスクな視界がひらける

 

現実にいまは二十一世紀?
空気の香りがいつもより低い
空は少し高そうだ 中間地に鳩が浮遊する
赤という赤が攪拌されていく
今日もまた電車が走っている 極彩色の警察官が
片手の銃口を隣人の胸もとに
サクソフォンの音によって引き裂かれる

 

歴史は自然を恐れ 人々は経済を恐れた
神よ、心に平穏を ファイザー社の方角に
今日もまた祈りが謳われる

 

今日も集金人がやってくる
僕はバットを持って玄関に向かう
宇宙は静かに膨張していて
怠惰は労働の破綻から生じる
黒という色彩は神秘をやめることがなく
この街の夕暮れどきを二時間だけ延長する

 

林檎屋 株主
荷馬車の子ども
彼らはみな意気揚々として
暮れなずむ街の境界に
赤褐色の祈りを捧げる

人類の、抽象と仮想の領域が
奇妙に絡まりあう車両のなかに
チューリップ産業のような絶望
水車小屋で見張りをする女
山羊、それも大勢の黒山羊を
一本の手綱で操作する少年と
赤い頭巾をかぶった数学の支配下にある街

 

文学はなす術もなく
空想の言葉を泳いでいく
この都市の頂点にある塔なら
絵本のなかで知っていた

2021年3月26日公開

© 2021 黒川祐希

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"絵本"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る