黒川祐希

407文字

詩です。自分が知らないことについてよく考えます。

僕は羊です
体は細長くて赤茶色
よくあなたの家のトイレにいます

 

山羊は隣町の床屋で
羊飼いに飼われていて
ときおりごみ収集車とともに
あなたの寝顔を覗きにきます

 

あなたが眠っているあいだ
世界がおかしな風になっているのを
反映するのが夢なのです

 

遠い国の祭りでは
赤や緑のベルベットが
華やかな囃子に急かされて
寝室のなかを行き交っています

 

あなたが下痢に襲われて
大便器に腰かけるとき
目やにで汚れた目に僕が映ることはありません
僕はずっとあなたを見ているのに
あなたは起きていながらも夢のなかにいるようです

 

なんのためにコーヒーを飲むのか
考えたことはないでしょう
それは日中の覚醒を促すためでなく
僕とのコンタクトの機会をうかがっているのですよ

 

僕は、偏在する羊
平等に存在する生き物として
いつもあなたを見守っています

 

優しさが持つ怪しい思惑や
嘘のための修辞学を知っています

2021年3月10日公開

© 2021 黒川祐希

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"羊"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る