ときめき肉便器

加藤知也

239文字

ときめき肉便器

 

 

 

中野坂上の公衆便所で

乞食のちんぽをしゃぶって生きている

そんな俺は

ベルリン生れのマザーファッカー

鬱病持ちのナイスガイ

保険証がないから

病院にも行けないぜ

医療費全額負担きっつー

俺の人生お先真っ暗

乞食のちんぽはまっ黒

けれども肛門だけは

あなたのために守り抜いているの

my sweet darling

ソビエト社会主義共和国連邦、解体

関係ねえ。ぶっ殺す

イソジン飲んで、うがいして

明日も頑張って生きよう

2012年9月8日公開

© 2012 加藤知也

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"ときめき肉便器"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る