純恋歌

吉田柚葉

975文字

昔作った替歌です。もったいないんで置いときます。

清み渡る空 億千の星  「綺麗すぎるね」あなたが言う

燃える頬にかじかむ指 どこかで響く愛のうた

 

上新宿の雑多な群れ お高い指輪くすねた君

技巧的な手つきに息を呑む俺 一目惚れ

観察気付かれマジ切れ 弱味を握って「最低ね」って

冷たい瞳にまた癒され ベタ惚れ

愛しくて愛しくて 柄にもなく仕事投げ出して

“まずはお茶でも” おぼろげな君にかさなる母の面影

守りたい女って思った 初めて

みえすいた嘘かな ギュッと手を握った

 

清み渡る空 億千の星 「綺麗すぎるだろ」あなたに言う

燃える街にたなびく風 どこかで響く愛のうた

 

あれからずっと一緒だよな あなたと俺

急転直下に底へと転げる日々

世間の目なんて気にしないでいてくれよ 愛しい連れ

“なぁ”変なアダ名を増やすなよ 本名が判らなくなるだろ

でもいつも落ち込んだとき

助けてくれる あなたの優しい声

だれよりお似合いな二人 言葉失って のたれ死んでも……

連絡がつかないときは 自分勝手に歩き回って

街の灯を遮り 自分つぶして漂いつづけて

警察に連れられ朝方 家に帰る君

 

目を閉じれば あの日の道 二度とは往けぬ路地の裏

どこかに迷い混んだまま 神隠しの午前3時

 

会いに往くよ……

 

無数の視線刺さるあの街角 出逢った二人の場所に帰りに一人寄り道

変わらぬ雑踏 不様なアルタイルとベガ 全て見えてたつもり

水面に映る月影……

馴れ合いに明け暮れる夜 鏡に問いかけるあなた

あなたは俺のために だのに俺は俺のため

春の夜風に吹かれ 思い出に殴られ

傷刻み 堂々巡り 投げ出された記憶の淵

 

今すぐ会いに行くよ 手を繋いで帰ろう

袋小路でも 神は見逃してくれるさ

ハイソな服を脱ぎ捨てて この先出口がなくとも

癒えない二人で生きていこうぜ

 

LOVE SONG もう独りじゃどこにも行けない

籠の中の渡り鳥 巣立ってくれるな

LOVE SONG もう憂うことはないぜ

泥をかじって俺は誓ったんだ

LOVE SONG ヘタクソな歌で愛を バカな男が愛を歌おう

失笑してくれ なんにもいらない

LOVE SONG 何度でも 何度でも

 

LOVE SONG…何でも赦そう

LOVE SONG…約束しよう

 

清み渡る空 億千の星  「綺麗すぎるね」あなたが言う

燃える頬にかじかむ指 どこかで響く愛のうた

 

清み渡る空 ペラペラの星 まばゆいばかりあなたがいる

だれかの足音に気付く どこかで響く愛のうた

2020年12月2日公開

© 2020 吉田柚葉

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

散文詩 自由詩

"純恋歌"へのコメント 1

  • 投稿者 | 2020-12-02 17:23

    いい詩です。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る