キャタピラ

メンヘラし(第15話)

瀧上ルーシー

333文字

「こら瀧上またお前か

いい加減になれろ」

「はい! すみません」

謝るときだけ体育会系

なんで謝るのかって

工場のラインを止めてしまったんだ

山パンじゃないよ

でも誰でも知っているところの食品工場だよ

焼き鳥

難しい

サラダ

難しい

ご飯盛り

以ての外

しまいにぼくは

最後尾に追いやられ

最終工程まで終わった

食品を

コンテナに詰む

係にされてしまった

最初はぶちぶち文句を垂れるが(頭の中で)

だんだんと学生時代の部活動のように

ハイになっていくんだ

深夜の休憩時間は

ただに近い値段の

食品を食べて

おばちゃん達と世間話

仲間なんだけど

先輩なんだけど

いなくなったら陰口言うんだろうなあと

ぼくは無難なことしか言わない

それでもぼくがバックれれば

新しい人が入ってくるまで

残った人が辛くなるので

陰口くらい

気にしない

気にしない

2019年12月3日公開

作品集『メンヘラし』第15話 (全28話)

© 2019 瀧上ルーシー

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"キャタピラ"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る