西山乱馬

水族館の約束(第59話)

西向 小次郎

小説

524文字

女トモダチ

もしも、もしもだよ。

振り落とされなかったら――

 

 

丁度、僕も頭にきていることだし。

ま、それでも1つ言っておくと、小説家冥利に尽きる展開。お相手がいい。しかも、複数なのだろう?これはおもしろい。

今はね、君はオークション会場にいる。

最低落札額で競争しているんじゃあない。最高落札額で競っているんだ。解るね?

何が置いてあった?僕はね、驚いた。

結果、誰かは競り落とす。君は万全を期し、挑戦を続けていこう。こういった会場は、体力も奪われやすいものだ。事実、殆ど狙い澄ましたように、君自身は功績を残した。おそらくそう思っている。それでいて、限界らしきが見えるだろう。男性同士の仲だから、はっきり言うが、男根の調子で如実に現れる。絶対にそう。絶対にそうさ。

今日は、もう夜だから――

 

2022.11.24  7:36

 ハンマープライス!                         40!

「粋なり きましたね タカさん!」

「もう出ないかもしれません! ごっつぁんです☆」

「さあ 他にはないか!」

 (⁠˙⁠❥⁠˙⁠)⁠ノ                               55!

「タカさん! 55 どうでしょうか?」

「星稜時代 幻のサヨナラホームラン 松井秀喜が ご自宅に帰ってからの一言 「            母ちゃんやったよ!」
        今日も元気だして〜!           ズコッ ニ(:D)彡⁠⁠⁠⌒⁠Д

2022年11月23日公開

作品集『水族館の約束』第59話 (全67話)

© 2022 西向 小次郎

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"西山乱馬"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る