パチスロ

西向 小次郎

小説

2,494文字

チェリー重複のボーナス当選、CHANCEランプが光った。メダルを一枚投入して…さぁ、どう料理しようか。

2021年。都内某所のパチンコ屋さんに並ぶ青年がいた。月間パチスロッカーの編集ライター細山さんだ。

「あ、ども。今日は新装初日、サウザー狙いますヨ」

某奇怪ウィルスの影響で客足はまばららだ。

「6号機になって2400枚規制ってのが出来ちゃたんですが、サウザーは皮肉が効いてて、打ちたかったんですヨー」

そのようですね。

「新装初日なんで、並び順で入店出来る店にしました。この店はデータランプの履歴に法則性があるんで、絶対に座りたい台があるんですヨ」

データランプ?法則性?

「パチスロ機ごとに大当たりの履歴が分かるように設置してある電光掲示板みたいなものデス。法則性は…例えば、昨日当たりが少ない台に当たりやすい設定にしてあったりトカ」

でも、今日は初日なんですよね?

「ええ、でも見てくださいヨ!これだけヤル気のあるプレイヤーが居たらどうしますか?ファーストクラスの角一択ですヨ!」

それだけなんですか?

「そんなもんですヨ!大体新装初日なんて、普通にぶっこ抜くのが基本ですからネ!挨拶代わりみたいなもんですヨ!」

でもさっきは、絶対に座りたい台があるって?

「だから、角だってノ!」

細山さんはパチスロライターになる以前に某パチンコ店で設定師をしていたそうだ。

「僕は台番号とデータランプの履歴を基に設定配分をしていました。パチスロの醍醐味って、やっぱり当たりやすい台を探すことにあると思うんですヨ。ですんで、常連さんにはある程度分かっちゃうことはあったと思いますヨ」

それだと、新しいお客さんは不利だったりしませんか?

「意外とそんなことはないものですヨ!本当に。実際、最高設定に関しては法則無視なところに配置していました笑。基本的にヘビーユーザーでもない限り、長く座って遊べるようなものでもないので、イイ台に座ったなぁとなれば、アナウンスに力が入ったりしたかも知れません笑笑。何というか、本当に出ないんですヨネー。慈善団体でもないですし、それなりに楽しく遊んでもらうだけでも良いのかも知れませんが、パチスロファンとしてでしょうか、最高設定が稼働しているというのは、それだけで夢のある光景なんですヨネー」

…出ないんですか?

「分かりやすく、単純に言えば、”出ない”ということになります。この辺、各パチスロメーカーの創意工夫の結晶を知るような話ですが、設定によって挙動に違いが表れるように設計されています。結果的に、なんだかよく分からなかったけど、あんまりお金を使わずに済んだ、となれば、それは高設定の証かも知れません。一日中遊んで5000回転くらいで考えますと…トカ、ヘビーユーザーであればあるほど見切りを重要視するものデス。そう言った意味では、3000回転もしてれば、それなりに遊べたのかなぁ?トカ、色々な状況の台が並んでいますから、逆に全く稼働しなかった台に想像を膨らませるのも面白いんですヨ。あれっ、答えになりましたかね?」

本当に面白いんですか?

「プレイヤー目線で答えると、最高設定が使われたのを確認出来たら面白いですネ。おそらく、パチスロの面白さを集約すると、他に答えは無いんじゃないでしょうか。浮世離れしてるじゃないですか!挙動がイイ時ったらば、最高設定たる所以の程を、発揮して、ちょうだい!ってな感じになりますヨ。そっからは、人間味が出ますヨネ。僕はコインの投入枚数トカ気にしますネ。敢えて49枚表示に固定したりトカ。手入れ3枚固定トカ。無理矢理理由をつけて、とにかく頭の中では、そういった理由を考えたりしてます。当然、ひとによりけりだとも思います」

最高設定を投入する台の特徴はありますか?

「プレイヤー目線でも、設定師としても、とにかく、”意外であること”じゃないでしょうか。意外でもなんでもなく、只々ロースペックの台に使う意味を勘繰られた時って考えただけで空虚だと思いませんか?よっぽど稼働があれば別ですが、全員の裏をかくつもりで投入しますよ。だから、僕は毎日一台は最高設定を投入していました」

それがどうしてパチスロライターに?

「某パチスロライターが取材したいと来店されまして。やっぱり、面白いんですよ。話が。そうなると、店の者も語り出したりしたもので、なんか良かったなぁとか思って。あとは、設定師やりたいってのも居たんで、結構勢いでライターになりましたネ」

その方はパチスロッカーの方ではないんですか?

「違います。ガッチリパチスロッカーに応募しました。とりあえずデータ収集で都内のパチスロ店のデータ採りからでしたが、7月7日に一台設定6を当てろと言われまして、当てたりましたワ笑笑」

凄いですね笑笑

「その日に関しては、北斗系は本当に強いですヨ!結局、”北斗の拳”の原作の完成度って物凄いですから!!その価値、ピクリとも揺るがずデスヨ!全集中じゃ足りませんでしょ!なぜパチスロ化を匂わせたのか、今どき無骨な線をもった良い漫画でした、全く勿体ない。しかし、特異点たるや北斗!今日のサウザーも期待してますヨ!」

北斗好き多いですよね。

「最近あまり言わなくなりましたケド、”おまえはもう死んでいる”ってのは、ケンシロウに言われたらそうかもなってなりますもん笑タフボーイとか流れ出したら空飛ぶ感覚ありますからネ。”その動きは…トキ!”コレが夢想転生の拳かと、ハッキリと言ってしまえば”ラオウちゃん!遊ぼうぜ!”夢想転生の会得なしには生きて帰れるような世界じゃないですからネ。”ラオウ、天に還る時が来たのだ!”僕は生きて帰りますヨ!拳を交える相手として、サウザーは強敵ですヨ”お変わりナシか、ケンシロウ”では、試打ではないので僕はこの辺で。”やはり生きていたか、サウザー””次の時代が来るまで、この帝王サウザーが相手をしてやろう””ミギィイノナナオ狙え!!””当にお見通しだ””ハッ”ビギナーの皆さんには楽しんで欲しいので、言い過ぎがあったらよろしくお願いします。ハッピーマニアでしたっけ?わざわざすみません」

 

2021年9月9日公開

© 2021 西向 小次郎

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"パチスロ"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る