腐ってきえた

蟻塚ノゾム

小説

1,032文字

許されるべきではなかった。

 草や木や花が育たないのは血を流しすぎたせいだ。 血液を吸収した木々はやがて枯れ、その場所には何もなくなる。

 眼球のないこどもが、どこか知らない土地で摘んだ花を私に差し出す。

 「これあげる」

 この子は本当は、見えているのではないか。

くるしくて、言葉が出てこない。 それでもこどもは、花を私の顔に近づける。 許されるべきだよ、とでも言うように。 赤いそれからは、微かに良い匂いがした。

 「君の名前は? 」

 「わたしはシラエ。 あなたに会いにきた」

シラエ、と名乗る栄養状態の悪そうな少女は、笑みをたたえながら、私の服の袖をゆるく掴む。 見た目に反した、あまりのやわらかさに、拒めない。

 シラエの髪は、自分で切ったのかと思うほど、ばらばらといびつで短い。

 彼女に触れたくても、触れることができない。

シラエの体はきっと、かたいところなんてないのだろう。 誰かを傷つけるための、ナイフや手榴弾や銃などの武器も、持っていないのだろう。 ポケットにはきっと、花束と甘いお菓子が詰められている。 想像するしかないが、そう思った。 それは、崇拝にも似た願いだった。

私は泣くこともできずに、ただぼんやりと突っ立っている。 袖を握るシラエの指の力が、強くなる。

「許されるべきだよ」

シラエは私を見て、そう言った。 本来なら眼球があるはずの、窪んだふたつの場所を私に向けながら、口元は笑っている。

 「許されるべきだよ」

もう一度、シラエはそう言うと、手を離して、うしろへそのまま倒れた。 多足の虫たちが、わらわらと彼女に群がっていく。

 虫たちは、シラエの肉を食い千切り、彼女の体を、自分たちの基地にしようとしていた。

血液が点々と、剥き出しの腕や脚、彼女の白い服に、染みをつくっていく。 シラエの腹部が真っ赤に染まっていく。

 私はシラエのことが、好きだったのだろうか。

ふらつくように歩いていたシラエ。 食事をするという行為があまり好きではなかったシラエ。 花を分け隔てなく愛していたシラエ。 本を読んでほしいと甘えてきたシラエ。

 あれらの記憶はきっと、存在してはいけないものだった。

 虫たちは、シラエの体の中に潜り込む。

彼女の周りに無数の花がさいていく。 彩度の高い色が、目に痛い。 間をおかずに、次々とさいていく。 緑色の葉が生き生きと成長していく。

シラエが笑っているように見えた。 開いた口からは白い歯が覗いている。

 「許されるべきだよ」

 また声が聞こえたので、私は悲しくなって、今さいたばかりのハルジオンを踏み潰した。

 

 

(20200529)

2021年7月30日公開

© 2021 蟻塚ノゾム

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

実験的 少女 少年 憂鬱 純文学

"腐ってきえた"へのコメント 0

コメントは許可されてません。

このページのコメントはもう閉じられてしまいました。新たにコメントを書くことはできません。

作品に戻る