わるいゆめをみた

蟻塚ノゾム

小説

626文字

あの子が嫌い。

 「せんせいあのね、かみさまをさがしているの」

 虫の声が聞こえる。

 あの子は呪われているから、もっと早くに埋葬するべきだった。

 葬儀はいらない。

 あの子の遺書も写真も、お別れの言葉すら存在しない。

 私たちの天使。私たちの醜い少女。きたないおんなになる前に。

 彼女は、机の上に置かれていた鴉の死骸を埋めるために、スコップで穴を掘っていた。

 彼女の服は泥で汚れている。どこかで引っ掛けたのだろうか、ワンピースから伸びる脚には、一本の切り傷がついていた。

 ぼくはただぼんやりと、彼女を見ている。ぼくなんかに構うから、そんな目に遭うんだと思った。

 土は湿っていたけれど、小石や木の根っこが引っかかるらしく、彼女はスコップを何度も突き刺している。

 「ねえ」

 ぼくが言葉を投げかけると、彼女は虚ろな目でこちらを見た。そして、いつも雨が降ると言った。

 「何?」

 「天使さまがいるの」

 天使、というワードが似ても似つかない彼女の唇はカサカサに荒れていて、血が滲んでいた。

 青白い手足に、小さな蟻が何匹も群がっていく。

 「天井には穴があいていて、そこから天国が見える」

 ――わたしはそれを信じてる。

 光を反射しない彼女の目から涙がながれて、青痣のついた頬を僅かに濡らした。

 「かみさまをさがしているの」

 おまじないのようにつぶやいた彼女は立ち上がり、鴉の死骸を抱くと、ふらふらとした危なっかしい足取りで、どこかに行ってしまった。

 錆び付いたブランコの鎖が軋んで、嫌な音を立てている。

 

(20201029)

2021年7月30日公開

© 2021 蟻塚ノゾム

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

実験的 少女 少年 憂鬱 純文学

"わるいゆめをみた"へのコメント 0

コメントは許可されてません。

このページのコメントはもう閉じられてしまいました。新たにコメントを書くことはできません。

作品に戻る