「みるくくん」はさようなら。4話

「みるくくん」はさようなら。(第4話)

鳥居あめ

小説

814文字

なんとなく夜中の神社に来てしまった僕。そこでもつきまとう元カノの影。僕の人生から彼女を抜くことなんてできないのだろうか。

柚佳は明るくて、よく笑って、ヘンな本ばかり読んでるちょっと変わった女の子で、柚佳みたいな女の子はきっと他にもいるんだろうけど、そういう女の子でぼくが知っているのは柚佳だけで、ぼくは彼女に魅了されてしまった。

柚佳より可愛い子なんて沢山居るし、それに美人って感じでもないからあいつの見た目で「萌え!」って思う所なんてほんと数える位しかなくて、でもその分、そういう所が強烈に愛おしかった。って思い出したらまたちょっと「ぅえぇぇぇ……ひぐっ」ってぶり返した。

悲しみが真夜中の神社にビビってた気持ちを凌駕する。

ぼくは上手くやれなかった。

大好きだったから愛情を注いだ。

でもダメだった。

そのことがぼくに無力感を与える。

石畳の道を進んで行くと、階段の前に出た。ここまで来たら当然、とぼくは「いーちにーさーん」とクセで数えながら十三段を上りきると、息を吐いて顔を上げた。

石床が3mほど続いた先に、木造の立派な本殿が姿を見せる。

それは闇夜の中で圧倒的な存在感を持ってぼくを威圧する。けど負けない。鼻水を拭って賽銭箱に向かう。折角来たんだから祈ろう。願いを叶えてもらうんだ。苦しいときの神頼みだよ!! 涙がこぼれる。

でも近くに行ったら判った。

賽銭箱だと思っていた物は、三つ並んだ木箱だった。

そして箱の上には、赤い着物(べべ)着た金髪のおかっぱ頭の女の子が素足で寝転んでいる。

おかっぱ頭×赤い着物×神社×深夜から、導き出される解は「こんなのまるで怪談じゃないか!」しかないから、ぼくは一応その言葉を心の中で繰り返し呟く。だけど棒読み。

理由は分かる。この子は何か怖くない。感情は直感の鏡で、ぼくの心が不安で波打たないのはきっとそういうことなのだ。そしてそんなことより、素足が寒そうなことの方がぼくは気になる。

寒そうな女の子がいるんですよ〜。

ぼくがそう思った瞬間、少女はガバッと起き上がると

「なーにー! やっちまったな!」

ヘリウムガスを吸ったような声で叫んだ。

2021年1月16日公開

作品集『「みるくくん」はさようなら。』最新話 (全4話)

© 2021 鳥居あめ

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"「みるくくん」はさようなら。4話"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る