第十章 第三節 光と闇の戦いは続く

暗黒竜の渇望(第38話)

西向小次郎・らんた

小説

296文字

闇の勢力の被害は甚大であった。光のものどもにことごとくやられてしまった。大
魔たちも欠けている状態であった。
生き残った魔のものどもを洞窟に集めさせ王はこう言った。
「我はこれから人間の王を誘惑させ、人間の王国を中から乗っ取ることとする」どよ
めく魔たち。王が自ら謀略に出るのだ。
「ザリチュよ」
「はっ」
「そなたは神官を闇のものとし、神官の立場から王子を誘惑せよ」
「はっ」
「王子よ」
「はっ」
「わが息子よ、人間の王子を我の化身とし、己の傀儡とするのじゃ」
――この後「」で有名なザッハーク王子の物語が展開される。しかしこの話は壮大で
あるため後の機会とすることとしよう
第一部 暗黒竜への渇望 終 ――第二部へと続く

2020年12月7日公開

作品集『暗黒竜の渇望』第38話 (全39話)

© 2020 西向小次郎・らんた

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ファンタジー

"第十章 第三節 光と闇の戦いは続く"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る