第九章 第三節 救済指令

暗黒竜の渇望(第35話)

西向小次郎・らんた

小説

1,308文字

善見城に持って行ったインドラはミスラの剣を床に置き、魔力を剣に放った。する
と剣の呪縛が解けていった。そこにいたのはまごうことなき光の鎧をまとった光の神
である。姿を見届けると、インドラは天帝の座についた。だが姿は暗黒戦士の姿のま
まだ。天空の光景としては異様な光景である。
「反逆者阿修羅族のミスラ、いや、弥勒よ。お前はこの世界の救い主でありながら阿
修羅族につき、我々を迫害した。その罪は重い。逃げ延びたようだが無駄だったよう
だな。本来この場で打ち首だ。だが、お前にチャンスをやろう」
歯軋りするミスラ。
はるか北に魔の迫害から逃れた半魔がいる。
ヴィシャップの子らよ。
――!!
敵である種族を救って来い。
「そうすればお前を解放してやってもよい。東方では弥勒として善見城で活躍し、西
方では『ミスラ』の名称のままとして活躍することを許してやってもいいぞ」
「お前はアンラマンユに従う魔王なのだろう。なぜ俺を殺さない」
「従う? あっはっはっはっはっ」
ぐぐもった声で高笑いするインドラ。
「あれはただの盟約よ。我が治める天界とその俗界にいる人間を傷つけるのをためら
う代わりに、鬼の血が騒ぎ出したらお前らが治める阿修羅族の人間を貪り食い、切り
殺すことにしたのよ。そこで、アンラマンユと盟約を結んだのさ……元の姿である闇
の者に変化してな。ただの同盟関係よ。そこに上下関係などないわ。形の上では配下
だがな……」
―お前はところで、闇のものまで救う気はないか。

なぜ闇を救う。俺は光の神だぞ。
あの者共を光にすればよいではないか。
我々は闇と飢えに苦しむ闇の者であったがゆえに光を欲した。
天を仰ぐインドラ。
だが、阿修羅族はそれを拒んだ。そこで全面戦争に打って出たのだ。
我々の欲したもうもの、それは「光」だ。
見よ、この天界を。光と豊かさに溢れているではないか。
「何も阿修羅の教義を壊せというのではない。半分光の子らである半魔を救え」
そういうとインドラが高等魔術の呪文を読み上げ、闇の煙を作り上げた。
凝縮して出来たのは闇の輪―
なんと、抵抗するミスラをあざ笑うかのように攻撃をすり抜け、ミスラの頭の上に
収まった。
「『緊箍の輪』に闇の力を結集させた」
「貴様!どこまで侮辱するつもりか!」
「どうあがいても取れないのは知っているであろう。」
くぐもった声で笑う天帝。
「少しでも逆らえばお前の頭部は肉片となる。締め付けて言う事を聞かせることもで
きる。」
「もちろん、こやつは闇の力でもってお前の心も蝕んでいくぞ。しまいにはお前は緊
箍の輪の力によって魔の姿となるのだ。」
またくぐもった声で高笑いするインドラ。
「そうなる前に死ぬことが出来るか?ミスラ。世の救済を目的としたお前には出来ぬ
よなあ……?」
今度は四天王が笑い出した。
「お前は仏教の『弥勒』としての使命を忘れ、阿修羅神側についた。その罪を今払え

「半魔を救え。『弥勒』よ、行くのだ。北の大地に」

憎悪にゆがんだ顔のまま踵を返すミスラ。
そのまま『ミスラ』は天界を降りていった。……北の大地に向けて。
「できるかな……? 闇の者を救うことに……」
鬼王である周りの四天王らも薄ら笑いを浮かべていた。
それはインドラの新たな策謀であった。

2020年12月7日公開

作品集『暗黒竜の渇望』第35話 (全39話)

© 2020 西向小次郎・らんた

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ファンタジー

"第九章 第三節 救済指令"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る