第六章 第一節 修羅剣との出会い

暗黒竜の渇望(第22話)

西向小次郎・らんた

小説

797文字

カーグ藩王国は魔のものどもが集うとされた北にはアルボルズ山脈が見える位置に
いる小国である。アルトゥスは母国アルメニアに帰る前に石の杖を光の剣とする修羅
剣があるカーグ藩王国の墓地に行くためだ。
カーグ藩王国は人々がようやく城も街も再建している段階であった。いまだにいた

るところに竜の爪あとや尾によって破壊されたあとがあり、暗黒竜の恐ろしさが伝わ
った。城の中も見事に壊れ、大工が必死に復興活動にいそしんでいる。城の厩に馬を
置くと従者が王の謁見室を案内してくれた。とはいえそこは天井が崩れたただの空間
であった。
俺は王に謁見した。王はもうカーグ一族直系ではなく、隣のマルダース王国から政
略結婚で結ばれた姫の子であった。この国もじきに隣のマルダース王国と合併すると
いう。といっても両国ともに魔の侵略よって滅亡寸前という中での併合であるらしか
った。ここは光の神々から最も遠い暗黒に近い地域なのだ。王は大神官の親書を見る
や否や警戒心を解き、さっそく墓所に案内した。
そこに「カーグ14世ここに眠る」と刻まれた石があり、あのカーグ少年が眠ってい
る。そしてそこに刺さっている剣があった。私は自分の持っていたミスラの杖をかざ
した。
だが、何もおきなかった……・
「ふむ、何かが足りないのか、ただの言い伝えかもしれませぬ。勇者よ、今日はこの
あばら家としか言えませんが、この城に泊まっていただけないでしょうか。遊牧民族
との貿易は国を強くします。我々はむしろ遊牧民の王と貿易協定を結びたくむしろ貴
方に親書をお渡ししたいのです」
破壊された城でつつましい宴会が開かれた。
そこで王に遊牧民族の王国が暗黒の大蛇に滅ぼされたことなどを伝えた。王は酷く
嘆き悲しんだ。そこに突然藩王国を束ねるペルシャ帝国の軍が城に迫ってきた。城は
突然のことで大混乱に陥った。
軍の大将が城に入り宴会の席に乱入した。
「ペルシャ帝国の反逆者アルトゥスを出すのだ!」

2020年12月6日公開

作品集『暗黒竜の渇望』第22話 (全39話)

© 2020 西向小次郎・らんた

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ファンタジー

"第六章 第一節 修羅剣との出会い"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る