第五章 第四節 聖杖伝説

暗黒竜の渇望(第21話)

西向小次郎・らんた

小説

1,374文字

ミスラ像の前に立つアルトゥス。
その石の杖を引き抜こうとした時に声が聞こえた。
―そなたは竜の血を引くのじゃな。
「なぜ私は竜の血を引いているのですか?ミスラ様?」
―それを知るとそなたは正気を保てなくなるぞ。しかし、いずれ知るときが来よう。
じゃが、そなたは人間だ。その竜の力を正しく使うことをここに誓うか?
「誓います」
―ならばそなたに祝福と契約を授けよう。我は武勇と契約と太陽と救いの神ミスラ。
救いを求めるものが居る限り祝福を与えん!
像が光りだす。声が聞こえなくと、いともも簡単に神官や戦士たちが誰も引き抜く
ことが出来なかった石の杖を引き抜くことができた。
その杖は石で作られたものであるにもかかわらず軽かった。
だが試しに他の神官達が持とうとするとすさまじく重く、持ち上げることすら困難
であった。
―気がつくと手の甲に痣があった。紋章であった。これが契約の証―
さらに杖から光が輝くではないか。これがカーグという王子が持つ剣と同じ効力を
持つのであろうか―
「その杖はまだ本当の力を出してはおらぬ。本来の姿は剣なのじゃ。ミスラは裁きの
神でもある。救いや祝福を求める姿には杖を、裁きの時には光を出すのじゃ」
「暗黒の者に裁きを与えるのじゃ。そなたの力で」
「ただし、その杖を剣にするには修羅剣が必要じゃ。カーグ藩王国の墓標に突き刺さ
っている。その修羅剣の光をミスラの杖に当てるのじゃ。さすれば石の中から剣が出
るじゃろう」
「暗黒の者に立ち向かう前にカーグ藩王国に向かうのじゃ」
「神官様、いろいろお世話になりました」

いろいろな指導者に頭を下げ、馬とともに去っていくアルトゥス。
姿が見えなくなると神官たちの笑みが消え、神官長に神官達が詰め寄った。
「アルトゥス本人に言わなくてよろしいのですか?彼は暗黒竜と交わった者であるこ
と、その血をもらい受けてしまった半魔であるということを。彼はもう人間ではない
のです。いつ暗黒竜になるかわからないのですよ?そのような人物にいくら杖が扱え
るからと言ってなぜ貴重な杖を与えるのです!」
しかし、神官長はいった。
「よいのじゃ。ミスラの杖に選ばれたということは暗黒には堕ちることはない。万が
一堕ちることがったら杖がアルトゥスを罰するじゃろう。ヴァルナ神がな。」
「わかっております。しかし、魔となったものに渡すことがいいのかと説いているの
です!」
「彼は魔には堕ちぬ。わしは彼が敵対国である遊牧民族にミスラの教えが伝わり、光
を取り戻してくれればよい。人が滅びようとしているのに敵国も民族も関係なかろう
。それだけじゃ」
そういうや否やいきなり後ろからドン!と背中を突かれた。背中に赤い染みが広が
る……。
「なぜじゃ……ミスラの教えは万国の教えのはず。暗黒の者こそ、罪を背負うものこ
そ、救うべき者のはず……」
「貴方は国家に反逆したのです。もっともアルトゥスは後で利用いたします。その杖
が剣になったところでマルダース王国に奉納していただきます。じきに兵もそちらに
向かうことでしょう。そのほうがカーグ藩王国にとっても幸せでしょう。」
仮面をかぶった神官が淡々と語る。暗殺術であった。
さらに突き刺された刃は臓物を抉り出し、参道に肉片を撒き散らす。他の神官の刃
も次々神官長の体に突き刺さる。
「そなたらはミスラ神の……前で……罪を犯すのか……」
そういうと神官長は事切れた。

2020年12月6日公開

作品集『暗黒竜の渇望』第21話 (全39話)

© 2020 西向小次郎・らんた

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ファンタジー

"第五章 第四節 聖杖伝説"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る