第五章 第二節 石の剣

暗黒竜の渇望(第19話)

西向小次郎・らんた

小説

655文字

「魔軍がせめてきたぞー」
見張りの騎馬兵が大声で本隊に報告してきた。騎馬隊の後ろには多数の竜人や鳥人
、獣人がいる!
弓矢を放ち、石弓で石を投石する。さらに筒のようなものから火炎を出し、自らも
火炎を吐くではないか。騎馬隊の得意とするところは移動力である。次々と軍を引き
離す。移動力の遅い幌馬車が壊滅していく。
「アルトゥス!俺の後ろに乗れ!」
仲間の声だった。さっそく馬に乗りしがみつき壊れた幌馬車から離れる。
だが、甘かった。空から奇襲があったのだ。鳥人が空から弓矢を放ち、さらに鋭い
くちばしで襲い、剣を振り下ろす。
「なにを、もっと走るんだ!」
だが絶望的だった。次々倒れる騎馬兵たち。
「アルトゥス、わが部族の最強の剣が納められている場所が北ペルシャ高原の丘にあ
る。かつて遊牧民とペルシャ人の交流が盛んだった時代に異教の神に我々の神の杖を
収めた『石の剣』がそこに収められいる。そこにいって剣を引き抜け」
「この剣は人間であって人間でないものにしか引き抜けない。だからと言って魔や半
魔では引き抜けない。ゆえに部族の長はお前を拾うことにした」
「何言ってるんだ!俺は人間だ」

「すまねえ。説明してる暇はねえんだ。俺があいつらを引き寄せる間に逃げろ」
「この馬はお前にやる。さあ!早く逃げるんだ!」
そういうと名も知らない騎馬兵が去っていくではないか。
「俺の名はガウ。緑の騎馬兵よ!」
全身緑の装飾に軽装備された騎士がそう答えた。そういうと竜人部隊に突進してい
く!おとりになるつもりなのだ。
アルトゥスは後ろをふりむかず、必死に馬を走らせた。

2020年12月6日公開

作品集『暗黒竜の渇望』第19話 (全39話)

© 2020 西向小次郎・らんた

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ファンタジー

"第五章 第二節 石の剣"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る