第五章 第一節 絶望の子

暗黒竜の渇望(第18話)

西向小次郎・らんた

小説

835文字

広大な遊牧民が行き交う北の大地。そこに1人の青年が倒れていた―
遊牧民が拾い上げたのだ。
遊牧民達は魔の侵攻に怯え、ある部族は冬に凍土となるより北の大地に、ある者は
西に、ある部族は東の砂漠に、そしてこの部族は西南である小アジアクルド地方を目
指す部族であった。
一週間以上眠り続けたがテントの中でようやく目が覚めた。
―だが、自分の名前を思い出すことも出来なかった。
何もかも忘れていたのだった。「記憶喪失」という奴だった。
身につけている指輪などから自分はスキタイ族出身であることがわかった。同じ部
族だからこそ遊牧民は助けたのだ。
幼稚帰りしていた青年がそこにはいた。ゆえに子ども達と一緒に遊び、手伝い、文
字を再び習い、祝いの歌や民族の歴史を再び学んだ。スキタイ族らは青年の瞳の事を
含め奇異の目で見ていた。

それでも青年は少しずつ人間らしさを回復しながら下働きにいそしんだ。名を忘れ
たため彼には名が与えられた。「アルトゥス」と名づけられた。部族ではありふれた
名であった。
彼らは小アジアクルドに入った。そこは侮蔑と差別の温床であった。すでに同じ遊
牧民が難民として流れてきたのだった。ペルシャ帝国の北端だった国境の町はさんざ
ん侵略してきた遊牧民を信用できず、帝国軍が押し返すこととなった。また戦争がお
き、全く相手にならない遊牧民は逃げるように北に逃げ延びた。
遊牧民族達は後方の補給路を絶たれると死を意味した。ゆえに戦争は残虐な行為を
起こさざるを得なかった。それが生き延びる知恵であった。それが他の国から憎悪の
目で見られていた。今度は迫害された民となったのだ。
一方でその移動力と交易力に諸国頼らざるを得ず、はるか東の竜の国とやらの交易
品、西は哲学の国々と呼ばれた工芸品まで扱うことができた。だからこそ遊牧民を複
雑な目で見る民族が多かった。
押し返された部族は仕方なく帝国から外れた草原にテントを作り、やがて移住した
。だが、危険であった。魔のものが侵略してきた。暗黒の大地アルメニアに近いから
だ。

2020年12月6日公開

作品集『暗黒竜の渇望』第18話 (全39話)

© 2020 西向小次郎・らんた

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ファンタジー

"第五章 第一節 絶望の子"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る