第三章 第一節 旅の中で

暗黒竜の渇望(第12話)

西向小次郎・らんた

小説

1,630文字

旅の途中、銀で作られた王家のメダルを売った。俺はもう追放されたのだ。無意味
なものだった。こんなメダルなど、もう見たくも無かった。そのお金で代わりに馬を
買った。移動距離が大幅に増えた。太陽が出ていれば、馬に乗りながら砂漠の中で修
羅剣をかざした。すると一筋の光が見え、その仇敵の方向を示す。俺は馬を駆けなが
ら砂漠を突き進む。
悲惨な過去を忘れるべく、道中の村では酒場で魔物狩りの案件を見つけては修羅剣
で退治する。そのお金で宿代と武器防具の代金、食料費を確保できた。

12

闇のものどもを光に消し去り、血祭りにあげた。暗き悦びがふつふつを湧き上がる
。だが、剣の威力はどんどん衰えていった。
道中で次々と魔物を退治し、とうとう名声は国中に広がった。だが、人間を信用で
きなかった。人に愛されたことなど無かったからだ。親ですら俺は暴力の道具であっ
た。それでも光を信じる俺とはなんだろう……俺は光に操られているだけなのではな
いか? 本当に光を信じていいのか? なぜ死なないのだ。
……やろうと思えば俺を感謝してくれる村や街に定住することも出来た。だが、そ
れは仇敵を討ってからだ。いや、出来なかったのはまた追放されるのが怖かったから
かもしれない。
それでも神を信じているのか、ある村の祠では神官に寄付もした。アフラ神の加護
で生きているのだから、当然だ。だが、神官は寄付を拒否した。
「今のそなたから受け取ることは出来ない」
「神官様、なぜです!」
「今のそなたは光を復讐の道具にしようとしておる。アフラの教えとはそのようなも
のではない。このままだとアフラと修羅剣はそなたから離れてしまうぞ。正義と正義
の衝突はこの世に戦乱と闇を生んでしまう。それは絶望じゃ。そなたの今の戦いは希
望の旅などではない」
「ではどうすれば」
「己の復讐のためにするのではなく、人のために義務として戦うのでもなく、自分が
して欲しかったことを他人に分け与えなさい。それが本当の光。今のそなたは魔物退
治という大義名分で動いているだけ。そうではない。心から苦しんでいるもののため
に、これ以上自分のような者を出さないために戦うのです」
「ここにアフラ神だけではなく、ミスラ神も祭っておる。ミスラは武勇の神だけでは
ない。本来は契約と救済の神。一人で背負い込むことはない。弱いことは罪でも恥で
もない。弱いことを隠し、偽善を振りまくことが罪なのだ」
―ミスラ神 それは終末の世に救済をもたらすアフラの僕(ヤサダ)
俺は、ミスラに助けを求めた。光を復讐の道具にしていること、そして人間を信じ
られない自分がいること。そのことが許せない自分がいること―
―そなたの願いしかと聞き入れた。そなたはそなたのままで良いのじゃ。自分を信じ
、自分を守り、自分のために泣くのじゃ。そのために我は契約する。
どことなく声が聞こえた。祈りを終え、眼を開ける。
「ふむ。いい顔になった。もう一度ここで精神を修養するがよい」
―俺は数ヶ月この村の祠で羊皮紙の巻物を読み漁り、修養し、かつ生きているうちに
手紙を書いた。
王子として仇敵を倒した後にやらねばならぬことを。そしてこの世への願いを。

今までの絶望の心も正直に。
それは遺書でもあった。
数ヵ月後、村から再び離れて行く途中、光の筋が少しずつ太くなりかつ青い光が輝
いた。剣は完全に蘇っていた。それだけではなく仇敵である暗黒竜が近くにいること
が分かった。
だが彼にはその前によるべき場所があった。光の示す方向からそれ、故郷に向かっ
たのだった。
そこはただの廃墟であった。骸骨と瓦礫の山だけが残されていた。女神像が無残に
も打ち砕かれ、奴隷牢は鎖に繋がれたまま焼け爛れたと思われる骸骨が多数あった。
置き去りにされたのだ。近隣の村から来ては郊外に墓地を作り、出来うる限り埋葬し
た。場合によってはかつてあった王宮で夜を明かすこともあった。このとき14の齢を
数えていた。北にはアルボルズ山脈が見えていた。光の筋はそこを指していた。仇敵
はもう目の前だった。

2020年12月6日公開

作品集『暗黒竜の渇望』第12話 (全39話)

© 2020 西向小次郎・らんた

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ファンタジー

"第三章 第一節 旅の中で"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る