「みるくくん」はさようなら。(2)

「みるくくん」はさようなら。(第2話)

鳥居あめ

小説

729文字

元カノに陰で「みるくくん」って呼ばれていた僕。二股をかけられていたことがわかったけど、浮気相手は僕の方だった。

ぼくが半年も掛けて「行きつけのバー」を作ろうと思ったのは、これからはちゃんと楽しく暮らしていこうと決意したからで、何でそう思ったかというと、3年付き合った柚佳に二股を掛けられていたことが判明してその上、ぼくの方が浮気相手で、そして彼女の友人たちにぼくは陰で「みるくくん」って呼ばれていて、何でそんな萌え萌えしい名前かっていうと、ぼくが彼女にねだられて、たびたびMILKのカバンやアクセサリーをプレゼントしていたからで。

柚佳は「ごめん、そういうつもりじゃなかったんだよ」「ユウキくんのこと好きだよ」「大事に思ってるよ」言ってたけど、それ以上付き合うことにぼくはもう耐えられず、自ら別れを告げた。

表面上はぼくがフッた形式に納まったけれど、実質めちゃめちゃに傷つけられたのはぼくの方だ。

つらい。

……つらい。

……つらたん。

そうして日々ののつらい思いを積み重ねてると、階段が出来たので、そこを駆け上がって、大空へ飛び立とうとしていた、まさにその瞬間、トラウマに触れられてぼくは墜落する。

店を出たら、外は深夜で、冷ややかな空気がぼくを包んだ。

いつの間にか電車は終わっていて、商店街を歩く人の姿はまばらだ。

こんな気持ちで家に帰っても腐るだけだから、ぼくは街を闇雲に歩く。

北口から三番街商店街へ抜けて、そこから踏切を渡って南口を一周すると高架上の連絡通路で線路をまたいで北口に戻って、雑貨屋のT字路を右に曲がった時にはもうぼくは、泣いていることを隠す気持ちがぶっ飛んでいて、「ひぐっ、うぇっ、あぁぁぅうぅぅ」と鼻水を啜りながら歩いていた。

眼球が熱を帯びて頭が痛い。

霜月終わりの冷たい空気じゃ、こんなの冷やせないよ。

もう自分が酔っているのかどうかも分からない。

ヘロヘロだった。

2020年12月6日公開

作品集『「みるくくん」はさようなら。』第2話 (全4話)

© 2020 鳥居あめ

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

純文学

"「みるくくん」はさようなら。(2)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る