つかえないまほう(3)

つかえないまほう(第3話)

鳥居あめ

小説

1,602文字

同級生の「温かい家庭」にお泊まりした次の日。なんだか急激に仲良くなってしまった感。

(3)

次の日起きると朝の10時だった。

「おはよう」座卓の前でパジャマ姿の綾ちゃんが言う。寝過ぎたのはわたしだけじゃないらしい。

ジュースを飲んでのんびり喋っているうちに11時になって、着替えたり髪の毛を整えたらもう12時前だから、「お昼食べて行きなさい」ってことになってまた1階のリビングで、綾ちゃんと柳くんとわたしの三人でトマトソースのパスタを食べる。出来合いのソースらしいけどオリーブが入っていてすごく美味しい。食事を終えると柳くんが遊びに出かけ、お母さんもどこか用事へ出かけてしまう。

二人きりのリビングで話しているうちに、綾ちゃんはわたしを送りがてら吉祥寺の街で適当にぶらぶらしようかな、と言うからそれじゃわたしも一緒に行く、と言い午後はふたりで街へ出た。

そこそこ歩いて街の方へ出ると、わたしと綾ちゃんは可愛いものやオシャレなものや安いものを見に行く。あれが可愛いこれが可愛いとどれだけ言ったかわからないけれど、わたしたちは何一つ買わなかった。そしてマクドナルドに入って108円のジュースを買って二階のカウンター席に二人並んで座って、喉の渇きと頭の疲れを癒やす。

「あのさー……」

別れる前にちゃんと言わなくちゃと思う。こんな話はタイミングを逃すと言いづらい。

「今日は何かありがとね」

「何で?」

「いきなりだったのに晩ごはんとかお風呂とか何から何までお世話になっちゃったし」

「そんなの当たり前だよー」

「そうかな」

「そうだよー。だってあたしが誘ったんだもん」

「それもそっか!」

あははと二人で笑って、同時にストローに口付けた。

「綾ちゃんの家族っていい家族だね」

「そうかな? 普通だよ〜」

「普通かぁー」

「そういえば、かなちゃんって兄妹いるんだっけ?」

綾ちゃんがストローを噛みながらこちらを見る。

「いない。兄妹みたいな人はいっぱいいるけど」

「ん? どゆこと?」

「わたしさー実はずっと施設で育ってるんだー」

「えっ、マジで!?」

「うん、マジで」

「生まれた時から?」

「そう」

「……そっかぁ、大変……だよね?」

「まーね、多分。ずっとこれだからよくわかんないけど」

「そっか……」

綾ちゃんは俯くけれど、

「あたし、何も力になれないかもだけど、でも出来ることがあったら、かなちゃんを助けたいって思うから……もし何かあったら一応言ってみてよ!」

しっかりとわたしの目を見てこう言った。こんな風に言ってくれる子って初めて会った。

「ありがと。うん、何かあったら一応言ってみるね」

あまり気持ちを悟られないようにわたしは出来るだけ軽く微笑む。

カウンター席からは、商店街を行き交う人の姿がよく見えた。綾ちゃんは白いスマホを出して時間を見る。

「もう5時だよ〜」

「あっという間だね」

「帰らなくて大丈夫? 施設の門限とか……」

「うん、いいの。平気」

本当は良くないんだけど。昨日だって無断だし。だけどわたしはどうにでもなってしまえ、という気分だった。何も考えたくない。

「そうなんだ。割と自由なんだね」

「うん」

嘘をついた。ごめんね綾ちゃん。

昨日と今日が楽しすぎてわたしはもう帰りたくなくなっている。どうすればいいんだろう。どうにも出来ないけれど。だからせめてこの時間が1秒でも長くなれば良いと祈り続ける。

「じゃあさ〜、今日も泊まってかない?」

「えっ、マジでゆってる?」

「うん、マジ。やだもー退かないでよー。ちょっとかなちゃんが楽しすぎるだけじゃん?」

綾ちゃんが照れ隠しで言っているのが分かる。

「えーどうしよっかなー。……とか言ってほんと言うとわたしももう一泊したかった! ごめん!」

「何よー謝んないでよー。あたしたち両思いじゃん!」

「ほんとだ!」

あははと笑うと「じゃ、一応」と綾ちゃんはお母さんに電話して二泊目の許可を取ってくれる。

「今日は昨日みたいにご馳走じゃないけど、それでも良ければ、って」

「そんなの全然だいじょーぶだよー」

わたしは再び立花家の門をくぐる。

2020年11月21日公開

作品集『つかえないまほう』第3話 (全5話)

© 2020 鳥居あめ

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

女子高生 家庭 純文学 魔法少女

"つかえないまほう(3)"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る