第一章 第三節 契約

暗黒竜の渇望(第3話)

西向小次郎・らんた

小説

1,939文字

少年が気がついたときには魔の者達が集まる集会の輪の中にいた。
その中には獣人もいれば三つ首の獣、鳥の翼を持つものなどさまざまな魔がいた。
その輪の中心には直立したドラゴンともグリフォンともとれる悪魔の姿があった
。2本の角と長い顎鬚をはやし、コウモリの翼、足にはロバの蹄。黒き鱗と獣の毛が
混じる体躯。
おどろおどろしい声が響いた。
「わが名はザリチュ。この世を破壊でもって永遠の安らぎを世界に与えしもの」
床から闇の煙の渦が突然表れると地面から例のおばばがあらわれた。魔のものは意
にかえさない。同族なのだろうか。
おばばはザリチュに頭を下げると、俺に向かい、言った。
「ぬしの言葉にまちがいはないのじゃな?」
「本当に人を捨てるのじゃな?」
「本当の憎しみと絶望がなければ魔と闇にはなれん。それでもいいのじゃな」
「いまさら引き返してもそれはむりじゃ」
「もし、失敗すればお前は我がぬしをくう」
最後はしわがれ声になっていた。すでに骨音を鳴らしながら口の構造が変わりつつ
あった。言い終えるとおばばは黒い獣毛がぞわぞわ生え、肉が溶岩のごとく流れ、溶
岩が歓喜のあまりのたうち回るとおばばは前脚で支えきれなくなり暗黒の大地ににど
うとのめりこんだ。
おばばは身をよじり頭を振りかぶりながらときおり長い舌を出しながらふしゃうふ
しゅると嬉しそうに音を出す。顎が前に迫り出し歯と爪が徐々に伸び手足と背中を禍
々しく歪ませながら狼の姿になっていく。おばばも魔の一員であった。変化を終える
と狼はふふう、ふうと得意げに呼吸をする。
だがとまどいつつも意思に変わりはなかった。
「ああ」「俺はいきていても充分闇だ」
……ザリチュ様、素質充分にございまする。
よし、ではわが鱗を。
そういうとザリチュは自分の体の鱗のかけらを自らの手で剥ぎ、魔女に手渡した。
魔女はその黒き鱗を少年に渡した。
手に収まるほどの大きさであるその鱗は透き通るほどの透明な黒い色をしていた。
魔女は呪文を唱え、最後に鱗を持った手に向かって褐を放った
―眠りし闇と暗黒に目覚めを!
そういうと鱗がみるみる漆黒に染まった……同時に体中が沸騰したように熱くなる

誰かが語りかけてくる――
(憎しめ、憎いだろう。すべてに憎しみを抱くのだ。そして憎しみの対象を破壊するのだ)
(ああ、言われなくてもわかってるぜ)
声にそう答えた。
すると少年に突然の変化が訪れた。目をむき破裂しそうな勢いで心臓が脈打ち、頭が
締まるように痛い。あまりの痛さに白目を剥く。
血が沸騰したかのような熱さで体中が熱くなり、喘ぐ。
やがて全身から黒き霧が噴出し漆黒の空へと勢いよく昇っていく。
全身の皮膚が黒く染まっていく。
魔の者達がかたずを飲んで見守る。
突如躯に異変がおき…………全身の痛みに耐えかね、空中で咆哮する。それは苦痛の
呻きだけではなく歓喜の呻きでもあった。
肉が流れ、服がちぎれ、己の体が脈打ちながら膨れていく。黒き皮膚は漆黒の鱗に変
っていった。背中から瘤が2つ突然生まれたかと思うと爆発するかのように飛び出た

それは数多の生き物を切り裂くこともできる翼であった。少年だった者は絶望の羽音
を嬉しそうに鳴らす。
己の顔に無数の瘤が生じるとやがて瘤は軽快な音を出しながら変化する。瘤が瘤を産
み肉が流れる。壮絶な痛みが襲う。痛みで意識が飲み込まれそうだ。
(まだだ。まだ俺は人間に復讐を果たしていない。)
そう思うと今度は己の顔に瘤が生じなくなり代わりにゆっくりゆっくりと口が裂け、
牙が伸び、鼻先が硬く尖った。意識を保つことに成功した。
口が耳元まで裂け終わると顎は徐々に前顎と後顎が交互に迫り出す。こめかみから漆
黒の禍々しきねじれた角が新たに生え漆黒の鉤爪も両手両足から生えててくる。瞳は
濃き赤色に変わって目を光せた。
竜は己の躰が闇の福音で満たされたことを証明するべく、拳を握り力を入れると尾が
漆黒の体液をまき散らしながら生えて行った。己の躰から己の尾へ闇の福音の力が流
れて行く……尾が太くなるたびに竜はうれしそうに尾を揺らす。
尾の成長が止まると最後に背びれと尾びれが黒い血しぶきを上げながら生えていった
。竜は握りしめた拳を解いた。
変化が終ったときは闇の主にふさわしい竜となっていた。咆哮が谺する!
「おお!成功だ」沸きかえる洞窟内。闇がまた誕生した。
そなたは世の闇にいつでも溶け込める闇の竜となった。我に近い姿は憎しみと闇へ
の憧れが強い証拠。で、そなたどうするのだ?
―当然じゃないか。人間どもを殺しにいくのさ
咆哮で俺は答えた。
心の声が主であるザリチュに聞こえたのかザリチュは王者の笑みを浮かべながらこ
う答えた。
「ならば行け!そして人の命を1人残らず握りつぶし、闇に返すのじゃ」
咆哮とともに竜は村の方向へと翼を広げ飛んでいく……

2020年11月19日公開

作品集『暗黒竜の渇望』第3話 (全39話)

© 2020 西向小次郎・らんた

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ファンタジー

"第一章 第三節 契約"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る