第一章 第一節 絶望の時代

暗黒竜の渇望(第1話)

西向小次郎・らんた

小説

857文字

そこは古代ペルシャ。常に光の神と闇の神が戦う場――
人々は病におののき、飢えに苦しみ、神への怒りとあきらめと反逆と背徳にふけって
いた。暗黒神アーリマンが着々と闇に世界を変える、そんな場所であった。そこには
光の神アフラとその一族の救いはまだ来なかった。
やがて絶望から暗黒色に大地が染まって行く。
 その時代に一人の子がうまれた。
 ―その子は奴隷の生まれの子であった。
 もちろん移動の自由もなく、賦役義務がある最下層階級の事だ。
 賦役という形で労働しただけではなかった。男も女も対価に満たないものは……
身体を売ったのだ。
 俺の名は覚えてない。親に毎日のように殴られ、親に陵辱されたあとに8歳で間引
きされ売られていった。母は黒死病で死んだ。
 街には神への赦しを請うために自らむちを打つもの、暴力、陵辱、売春が当たり前
の光景であった。そこの街の奴隷として連れてこられたのだ。
 そこでは働くだけでなく、鎖につながれたまま体の世話をさせられていたのだった

 やがて俺の精神は壊れていく……
 最近の俺は奇声を昼間から上げ、髪をむしり取り、奇行に苦しんでいた。夜の勤め
以外、こうして牢の中にいる。

―闇の中で―
漆黒の闇の中でおどろおどろしい不気味な声が広がった。
「おばばよ、今回、闇に返す者は決まったのか」
「ははっ。世は絶望と狂気がひろがっておりますゆえ、多数おられます。容易かと」
「魔は元々人なのだからな。したものにとって闇の者が増えることは望ましい。わが
友人が増えるのは喜ばしい限り」
「魔が増えれば裁きの時も近い。そのときが我々の解放の日なのだ」
魔が増えれば裁きの時に共に戦いに挑む戦友が増える。これこそが真の目的であり
、人間を闇の落とす目的でもあるのだ。
「存じております」
「お前もそうじゃった。山に捨てられすべてに絶望していたときに我と出会い闇の命
を吹き込んだのだからな。もっともこうして人の姿も取れるが」
「闇の者として開放されたときが、至福の時でございまする」
「わかっておろうが、完全に絶望しているものでないと闇の者として生きることは出
来ない。変化せずに肉片となってしまう。まあ、人間の肉は美味じゃが」
「それもよろしゅう」
闇の中から赤き目が光り、共にくくくとせせわらう声が響く。
「まずおばばよ。その水晶で占い、探し出すのだ」
おばばは黒い玉に呪文を唱えると突然玉が光だした。

水晶に光が当たり、少年の顔が映りだす
「みつけました。それでは、さっそく行動へ」
もっともその前に闇の者として人の肉を喰らいのですがよろしゅうて?」
「よかろう。充分楽しんでくるがよい」
すると突然闇から突然突風が吹きおばばのみの姿が浮かんだ。
そこは洞窟であった。闇の主は闇に同化したままだった。
おばばの体が光りだし、ローブが透明に透けて体にとりこまれていった。次にみる
みる老婆の目が赤に染まったかと思うとぞわっと全身に黒い獣毛がはえてくる。手足
や背骨が禍々しく歪んだ。顎がせり出す。どうっと前に手をひざをつき、肉が溶岩の
ように流れ、膨張し、ととうとう四肢で歩くのにふさわしい姿となった。巨大な狼の
姿になっていった。
狼は遠吠えすると涎をたらしながら洞窟を抜け草原を駆け抜ける……。
「期待しておるぞ。闇の魔女マーサよ」
闇の中で主がそう答えた。

2020年11月5日公開

作品集『暗黒竜の渇望』第1話 (全39話)

© 2020 西向小次郎・らんた

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


3.0 (1件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ファンタジー

"第一章 第一節 絶望の時代"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る