第12章

根津權現裏(第13話)

焚書刊行会

小説

1,982文字

芝公園にて凍死体で発見されるという最期をむかえた「破滅型の私小説作家」藤澤淸造の代表的長編の電子化テキスト

 ばんあつばんだった。とってはすこはやすぎる。は「えんねつくがごとし。」とどおりにあつだった。そして、わたしきたのは、もやはりちかくだった。きるとわたしはもう、めしいにけるげんもないほどあつさにあてられていた。だから、わたししゆうじつたりきたりして、ひたすらよるのくるのをちこがれていた。それには、よしかわからりてきたよみうりしんぶんだいめんていた、しゆそくこうこくから、わたしぶん宿しゆくしつのことをかんがえさせられて、さびしいおもいにめられていたのだ。
 うちに、四へんだちからきこえていたせみこえややうすれてきた。どうわたしは、しずかしよせてくる、あのあくせいがらいただんめんるようなたそがれどきくうなかひたしながら、んだもののようになって、ぼんやりとよこになっていた。おかがやってきたのだ。
「なんだ。てるのかい。」
 これはおかが、わたしはいってきて、さいしよったことだ。わたしはそれにはこたえずにだまっていた。
そとこうじゃないか。あつくてやりきれない。」
 これは、かれだい二のことだ。さっするところかれは、わたしさんしにさそいにきたものらしいようだった。
「まあ、すわりたまえ。そとはまだあついだろう。くにしても、もすこあとにしようじゃないか。」
 わたしはこうって、きようともせずに、やはりよこになっていた。
あついじゃないか。なんのことはない、けられてるかまみたいじゃないか。」
 おかやみそとこうとうのだ。しかしわたしは、ときはちょっとちあがるちがしなかったので、それからももののはんときばかりは、おかがなんとってもかずに、のままじっとしていた。ふたあいだには、れいって、たのまれもしないばなしこうかんされたことはうまでもない。やがてわたしたちそとへでた。
 やはりそとも、にっちゆうねつけてあつかった。わたし宿やどきんじよでは、ほりみずんでとおりへいていたが、それがあとからあとと、いきりちゆうきゆうされて、あとかたもなくかわいてしまうのをていると、ぜんわたしあたままいおぼえてきた。そして、ときわたしは、しなにわすれてきたせんおもいだしたが、とって、りにきかえすのはおっくうだしするから、それはしたものの、それからはけいあつさがになってきた。おかとおりへると、
「おい、なかはしのところへってみようじゃないか。」とうのだ。「なかはしさそおうじゃないか。」とこううのだ。
 わたしあますすまなかった。がしかし、ふかあらそいもせずに、それからかれいっしよなかはしのところへってみた。わたしは、とおくへかないかぎり、せめてあるくことにって、みついてくるようなしよねつまぎらかそうとおもったのだ。──ころなかはしは、なかみずちようにいたのだ。
 おかなかはしのところへくと、ぐとかれそとれだしてきた。わたしたちは三にんになると、あかじさかう、もとけいかんがっこうのあったところのさかをおりて、おおどおりへてきた。するとおかは、なにからおもいついたのからないが、
「ああ、さけみたいなあ。」と、しぬけにこううのだ。
「おい、きちがえちゃいけないぜ。ぼくこおりしいな。」
 ちようかかったところが、こおりまえだったしするから、わたしわたしでこうった。だがおかは、
こおりなんぞはつまらないや。ぼくさけみたいなあ。」とって、ときはどうしたのかようわたしはつどうじようともしないのだ。それからは、調ちようためのかけごえのようにいっいっするにしたがって、うるさくさけのことをってかないのだ。
みたいなあ。キュッといっぱい……」
 かれひとつことばかりくりかえしていた。
 ところで、わたしもとよりそうゆうはなかった。おかとてもどうようだった。これはさっきかれがまだわたしにいるときに、ふとなにかのことからして、かねはなしになるとかれは、
ならぼくすこかねはいるんだがなあ。今日きように、二三十せんしかないよ。」とっていたからだ。だからわたしは、かれうことなどはにもけなかった。しまいにかれは、なかはしむかって、
「ねえなかはしくんかこういっぱいましてくれるところはないだろうか。かねげつまつはらうことことにするから……」とって、くらか調ちようしずめて、そうだんちかけたものだ。ちかけられると、なかはしはすっかりおかちゆうすかしたのだろう。
「じゃ、こうじゃないか。づきへいってもうよ。」
 なかはしぐとそれにおうじた。
「じゃ、まないが、きみかおしてくれたまえ。」
 それは、にももうわけなさそうな調ちようなのだ。それでいてかれは、もうそうとまるとぶんひとあしさきにあゆみだすのだから、しくなった。
げんきんなやつだなあ。」
 わたしはそれをると、こうってやったが、まったわたしは、おかしんおもいみたときには、ほんとうしくてたまらなかった。
 それから、わたしたちのさきの、あいぞめばしまえの、うらづきけていった。──づきうのは、なかはしげんざいどうせいしているさいくんじっなのだ。

2020年9月26日公開 (初出 日本図書出版 大正11年発行 単行本

作品集『根津權現裏』第13話 (全60話)

© 2020 焚書刊行会

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

私小説 純文学

"第12章"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る