第5章

根津權現裏(第6話)

焚書刊行会

小説

3,281文字

芝公園にて凍死体で発見されるという最期をむかえた「破滅型の私小説作家」藤澤淸造の代表的長編の電子化テキスト

「それはちがうよ。だいははあいと、ぼくあいとはちがうよ。ぼくひとからじよくされることは、ぬよりもきらいなんだからな。」
 わたしことれると、いしざきはこうって、わたしのそれもこれも、みなあしにでもするような調ちようでもってはんたいしてきた。
「それやそうさ。ちがうとえばちがうさ。だがしかし、きみぜんぜん憎にくくてそうしたわけじゃないんだろうじゃないか。それをきみは……」とわたしっていると、いしざきは、くもわたしうことをかずに、
「いやぼくは、憎にくくて憎にくくてたまらなくなったから、ばしてやったんだ。ほかゆうがあるもんかい。」とって、かれやみわたしっかかってきた。
「だがしかし。」と、わたしへくると、すこきこんでくちると、
「だがしかしも、しかしかしてもないじゃないか。ぼくはそうなんだ。しやくさわってたまらないから、ばしてやったんだ。しそうしたってかまわないものなら、ぼくかしちゃかなかったかもれない。」とって、いしざきわたしことたたきおってしまった。たたきおられたわたしは、ますますかいになった。せつには、わたしはまたべてをわすれて、たまらなくいきどおりさえかんじた。それがいくぶんくずおれていってからも、わたしはもうくちにはなれなかったので、それからしばらだまっていた。
 するといしざきいしざきで、かれわたしとはけいえいのもののように、だまってしまった。そして、これはわたしこころなしかれないが、かれときにもしようしやらしいひようじようをみせて、さもうまそうにしきしまっていた。それが、──かいな、はなづまりそうなちんもくが、ちようわたしはんぶんくらいになっているバットをいつくすとどうやぶれてしまった。わたしあいむらがりおこるかいかんせいふくして、すこしでもいしざきよりはじんかくしやらしくふるいたいとぼうむねきあがってきた。で、わたしは、
「まあ、そうえばそうだ……」とって、ちょっとってから「だが、るだけけんすんだな。つまらないじゃないか。けんなんぞしたって。それよか、おもいきりおもしろく、たのしくやるんだなあ。」とったものだ。うまでもなくそれはあいいたわるのような調ちようったのだ。
「そうさ。るだけそうするんだな。」
 いしざきかるくそれにおうじたが、ことなかには、じんしんじつらしいものははたらいていなかった。それがまたわたしかいにしたが、しかしわたしは、かれひようめんでは、くまできようしやらしくっていても、ちゆうしんあいかつと、そうとうせきばくさにえられないものがあるのだろうとおもうと、ひとあじあいれんさをおぼえてきた。
こんは、きみかないのかい。」
 わたしときすこにつかぬことだとおもいながらも、こうっていてみた。
へ。」
わかってらあなあ。おりますせんせいのところへさ。」
わけがないじゃないか。ころそこなったあまのところへ、ひまなんぞがあるもんかい。ぼくはそんなひまがあれば、✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕(※センズリこいて)、らあな。」
「じゃ、おりますせんせいのところがいやなら、へいって、だい二のたねきをしたっていじゃないか。でなきゃ、さけみにいくとかさ。」
「そうだ。さけならいなあ。いっぱいむかざけけたいや。」
「そして、ったところで、「なつぜんきちあいびき」とくりゃ、もんがなかろうじゃないか。」
「ふうんだ。やかしちゃいけないぜ。だれがああちくしようなんぞとうもんか。ただぼくさけみてえや。」
「じゃ、みにったらどうだい。」
「ところで、あい憎くとこんは、しろがないので、よわってるのよ。」
 いしざきは、煙草たばこうすよごれているまえをみせたとおもうと、
「それともきみは、しんせつがあるなら、ぼくにそれをすかい。」とって、ひとあごしゃくっていて、またまえしてみせた。
じようだんっちゃいけない。てんは、ぼくほういろおとこだぜ。」
「どうしてよ。なにいろおとこなんだい。」
「だって、そううじゃないか。『いろおとこかねちからはなかりけり』って。」
「なんだい。ふるしやだな。」
 いしざきかたないようにしようした。
 わたしも、ついそれにひきっこまれてしようした。そして、いよいよわたししんが、だとかんさつしていたそれをたしかめたとおもうと、一どきかみのこらずひきかれたように、はなはだしくさびしくなってきた。また、わたしあしいたみは、それをかくして、一だんはげしくなってきたようにおぼえた。
 ところで、じんそううことをらないいしざきは、それから二三ともだちうわさをしだした。またかれは、えいやくんだのだとかう、らん西しようせつ、──しよめいはなんとかったが、それのこうがいはなしたりした。──しようせつしゆじんこうが、さんすうまんえんを、さけおんなとにしようしてしまって、さいじきになってててしまったとうそれをだんじて、ぶんおとこのようにふるいたいものだといもした。だがしかし、わたしはそれにも、なんらのきようてなかった。ただはなしが、わたしくわうるものがあったとすれば、それはいやがうえにも、わたしじんせいつうさくばくさをおもわしめたにぎなかった。──わたしには、くらしようしたくとも、しようするかねがない。しようするかねがなければ、くらさけおんなしたしみたくとも、とうていのぞみはたっせらるべくもない。そうおもうとわたしものいっしようは、しつしたこともないものを、ちゆうになってたんきゆうしつつおわもののようにかんじられてきた。わたしには、うそにもそうぼうつことのいしざきのことが、いまさらうらやましくてたまらなくなった。だがわたしは、いしざきから、
いじゃないかきみどうで使つかえばなくなるかねなんぞをもうけるために、あせみずながすより、るならぼくは、もうちゃんとちよちくされてるかねを、使つかいはたすほうあせみずながしておわりたいよ。」と、こうわれたときには、
「そりゃぼくどうかんだよ。るものなら、ぼくもそうしたいよ。」とっているうちに、わたしむねはひとりでに、めたくなってきた。どうふたつからは、いまにもなみだあふれおちそうになってきたので、わたしわざかおをそけた。ときつくえうえおきけいたんしんが、もう十一ちかくへ、いよっているのが、ちらりとわたしについたので、
「じゃ、ぼくえるよ。」とって、いさしのバットを、ばちなかきさしたが、ときまた、たにぞこへでもちこんだようなしゆうせいじやくさが、一どきせまってくるのをかんじた。とどうに、そとあめになっているようなけはいちょっかくした。
いじゃないか。はなしていきたまえな。」
 いしざきがこううのをみみにしながら、
「もう十一だよ。それに、あめじゃないか。」とって、わたしって、しようけてみると、もうあめとおったあとらしかったが、のきさきうにちてくるしずくが、うちでんけて、きらりとひかるのがわたしへついてきた。
ってきた。」
 いしざきわたしことあとから、なかどくのようにこうって、「じゃ、かさっていきたまえな。それに、わるいんだけれど、あしもあるよ。」とけくわえてくれた。
「いや、あまはもうあがったらしいよ。まだそうたいして、みちれてやしまいから、あしらないよ。──またあしいたみくさってよわってるんだ。だから、けっきよくぼくには、ほうかっなんだ。」とってから、またことをついで、「じゃまないが、かさいっぽんしてくんないか。もうたいていだいじようだろうけれど、ようってくから……」とうのを、ったくるようにして、
「ああいとも、ってきたまえな。」といながらかれちあがって、「そいつあいけねえな。だいにしたまえ。わるくしちゃっちゃことだぜ。」といをったりして、わたしあとからいてきた。
「ありがとう。なあに、だいじようだよ、わるくなっちゃったら、こんくびもろともに、ちきっちまうんだ。──それやそうと、きみなんだぜ、そんなこころにもないけんは、もうすんだなあ。そんなひまがあったら、それこそきみいぐさじゃないが、✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕✕(※センズリでもこいて)、おとなしくるんだなあ。」とうと、
「よし、よし。せいぜいそうしようよ。どうでつまらないことだからなあ。」と、いしざきなんだかこうすこあいまいなものいをして、したへおりてきた。それから、じよちゆういつけて、じやがさしてくれた。
きみもちとやってこないか。」
 わかれぎわにわたしがこううと、
「ああ、くよ。だいにしたまえ。」とって、いしざきわたしおくりだしてくれた。

2020年9月19日公開 (初出 日本図書出版 大正11年発行 単行本

作品集『根津權現裏』第6話 (全60話)

© 2020 焚書刊行会

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

私小説 純文学

"第5章"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る