第4章

根津權現裏(第5話)

焚書刊行会

小説

2,173文字

芝公園にて凍死体で発見されるという最期をむかえた「破滅型の私小説作家」藤澤淸造の代表的長編の電子化テキスト

「そうよ。こうじゃないさ。」
 いしざきいまいましそうではあったが、一おうわたしったことこうていしたかとおもうと、あとへ、
「だがにはまた、なだけではわからないがあらあなあ。」とうのだ。ことなかには、とうあいたるわたしを、れいしようべつするのぶんぶんふくんでいた。すくなくともわたしにはそうかんじられた。だからわたしも、いっむくいなければならないようなちになってきた。
「じゃなにかい。きみにはわからない、いかえると、こうものでなければわからないこころために、ごとになって退けたのかい。」
 わたしきようちゆうかいさを、わざがおかくしてこうったが、それがとうとうたんりよいしざきおこらしてしまった。
「そうよ。おれだよ。ああ、おれだよ。」
 いしざきおなじことを二かさねて、さもねんそうにうとどうに、つけたばかりのしきしまばちなかげすてて、かたくちむすんでしまった。ことくちつきは、にらでもみしめたようなふうだった。わたしはまた、はじまったなあとおもった。
 さくかれが、なつあいけんをしたとうのも、ひっきようするところは、ちようあいおなじように、こころちのもんだいであり、ぶんもんだいからはじまったことなのだろう。つまり、かれむしのいどころかんからおこったことなのだろう。そうおもうと、わたしほんとうしくなってきた。わたしたんりよかれあわれむとうよりは、むしかれ憎ぞうするのねんさきってきた。だからときわたしは、のままかえってこようかとさえおもったくらいだ。だがじつけっしてそうはせずに、わたしはやはりいしざきたいしていた。とうのは、わたしにはわたしほこりがあったからだ。──わたしあいわれるもののようにいしざきまえ退いて、かさねてかれべつでもって、おくらるるのをしむのねんえられなかった。わたしは、もう一ぶんわずらっているあししながら、すわりなおした。
「だってそうじゃないか。きみはちとたんぎるよ。なにあしにしなくたって、どうにかはなしがつきそうなものじゃないか。けっきよくあいちをわるくさせるばかりか、いては、ぶんしんちまで、どんなにわるくしたかれないじゃないか。」とってやった。ことは、もくにするとおりのしかっていないのだが、ただわたしは、それをにもしずかに、にもやさしくくちにしたのだ。たとえば、くだものくちかられるぜつのようにって、わたしじっいしざきほうをみた。いしざきはやはりだまっていた。ただだけは、かれほうからみぎほうになる、しようさんうえあそんでいた。
「そうじゃないか。おりますせんせいだって、なにわるがあって、そうしたわけじゃなかろうじゃないか……」とっていると、いしざきはまたしきしまをつけて、
わるがあってのことかどうか、それはぼくにはわからないが、とにかくぼくには、そうれたんだ。」とって、こんしきしまむさぼるようにくちにしした。ところでをみても、かれがんめんには、ぜんとしてじんやさしいひようじようはみられなかった。わたしかれかおと、かれこととをきすると、いよいよかれけいべつしたくなってきた。ことかれのエゴイステックなてんが、どうかんがえても、あわれでもあれば、また憎にくくて憎にくくてたまらなくなってきた。
「それはすこだよ。がままぎるよ。」
 わたしことを、かれことに、おっかぶせるようにしてったものだ。そして、あとをつづけて、
「そうじゃないか。そりゃきみになれば、きみたちからすればだ、あいちなるものが、あらゆるざんにんこくはくしゆだんでもって、ぎやくさつして退けても、なおきたらなかったかもれないさ。だがしかし、そうかんがえ、そうしちゃっちゃ、ぼくたちなんらのりよも、なんらのはんらなくなるじゃないか。そうだ。これはぼくたちしようねんだいおぼえのあることだ。ぼくたちははものねだりをすると、おおくのあいははは、ぼくたちのぞんでいるものよりは、ずっとつまらないものばかりくれたもんだ。すると、ぼくなんぞは、にわにそれをげだしたもんだ。それがこわれものででもあってたまえ、ざんにもで、げんけいとどめずこなじんになっちまあなあ。しそうときに、ぼくははがだ、ぼくたい憎にくんで、きみおりますにたいしてったとどうようたいのぞむとしたら、ぼくはもうこんで、きみとこうしてはなしなんぞしちゃれなかったに相違ちがいない。だからぼくは、ときははかんじんさをおもうよ。そして、それがにんげんるべきいっとういいほんとうたいだとおもうよ。」とってみた。ことには、ことけつまつほうの、「ははかんじんうんぬん。」のところへくると、いしざきよりも、わたししんかんげきせずにはれなかった。どうに、わたしへくると、わたしがそれまで、いしざきたいしてってきた、わたししんたいいて、ふかはじなければならなかった。そうおもうと、ことのぜんあくしばらくとして、いしざきぜんなつたいしてったたいも、またこころちも、ちようれゆくあさもやなかからえんきんやまやま姿すがたのように、しくは、あわせかけているりようがねが、ぴたりとったときのように、わたしにはっきりしてきた。すくなくともわたしには、さいいしざきなつくわえたちが、くらこくざんにんきわめていても、それはけっして、たんなる憎ぞうからはっしたものではないことがはっきりわかってきた。それどころか、いしざきのはうところのわいさあまって憎にくひやくばいしたそれだったにそうない。そうおもいかえして、わたしいしざきほうをみたときにはいきなりわたしかれきしめて、かれひたいくちづけしてやりたくなった。

2020年9月18日公開 (初出 日本図書出版 大正11年発行 単行本

作品集『根津權現裏』第5話 (全45話)

© 2020 焚書刊行会

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

私小説 純文学

"第4章"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る