Flash Back #28

Flash Back(第28話)

菊地和俊

小説

321文字

混乱と同調#10

chapter three

黄色い花が辺りを彩り、風が草木を優しく揺らしている
少女は僕の手を引いて笑い声を弾ませている

 

彼女は楽しそうだけど顔が見えず誰なのかわからない
されるがまま彼女に操られて、ぎこちなく踊るように道を進む

 

左右の木々は凛々しくそびえ立ち道端には花が見当たらなくなった
彼女の笑い声はいつしか聞こえなくなり浜辺についていた

 

白い砂浜には浜辺に打ち上げられた鯨のような流木
灰色の岩が海岸線に不規則にたたずんでいる
洋紅色の太陽が沈んでいくのを見ていると
何故だか切なさが胸に滲んていた

 

ブルーモーメントに差し掛かる海で彼女は囁いた

「噓つき」

 

その一言が頭の中で木霊して余計に切なくなった

2019年7月30日公開

作品集『Flash Back』第28話 (全29話)

© 2019 菊地和俊

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ミステリー 純文学

"Flash Back #28"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る