Flash Back #25

Flash Back(第25話)

菊地和俊

小説

935文字

混乱と同調#7

♭5

混雑した頭の中の情報を整理してみる
急に話しかけられた男よりも事故が起こる前に見た景色が鮮烈すぎた

 

異今都の奥の席で見ることがある幻影だけではなかった
成長したメグミから別れた恋人の泉へとグラデーションして変わる幻
確実に此方を見て2人は笑っていた
泉に変わり幻は徐々に薄れていき完全に消えた瞬間に事故は起こった

 

自宅のアパートの前に着いても階段を上がる事はできずにガードレールに腰掛け考えてみる

泉に好意を寄せたのは偶然ではなく
メグミの面影を泉に重ねていたのかもしれない

 

結局あの時から俺は変わる事を望んでも変われずに自分を偽って生きている様に思えた

また俺は壊れてしまうのか
そんな一抹の不安がよぎってきた

 

結局は、こいつ頼みなのかもしれない

 

近所のスーパーで瓶ビールを籠に入れている
1本ではなく6本ワンセットになっている方を選ぶなんて心の弱さを象徴している

 

泉と別れて酒の量が増えたはじめた時はビールの消費が多くキッチンの一角を空瓶が占拠していた
週に1回355mlの多量の空瓶を捨てるのが面倒になり家でのビールをやめたのが遠い過去のようだ

もう一度壊れるわけにはいかない
あんな思いをするのは嫌だから医者にまで行ったんだ

ビール瓶を棚に戻し何も買わずに家路についた

 

帰宅してソファーにもたれ話しかけてきた男を思い出している
男を見たんじゃないかと言っていたが検討外れだ、俺が見た幻の性別は女性しかも2人

 

待てよアイツは男の幻を見たのか、あの場所で
そうなると奴も俺と同様に心が壊れた過去があるのか
立ち直りかけて振り出しに戻りそうな時に見ず知らずの男と傷を舐め合うなんて馬鹿げてる
心が壊れていても奴はクスリでもやって脳に異常をきたした末の幻覚かもしれない
同じ場所で幻を見たとしても薬物中毒者と同類は御免だ

気分転換にシャワーを浴びようと思い立ち上がると足が縺れソファーに身体を再度預けることになった
テーブルに置いてある財布が目に入って振り出しに戻らない方法を思いついた
財布から診察券を取り出し見ていると苦くて甘い過去に少し浸ってしまった

 

助けを乞うのも悪くないはずだ

久しぶりに行ってみるか聖母の許へ

2019年7月28日公開

作品集『Flash Back』第25話 (全29話)

© 2019 菊地和俊

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ミステリー 私小説

"Flash Back #25"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る