Flash Back #18

Flash Back(第18話)

菊地和俊

小説

258文字

混乱と同調#0

Turn Around

 

夕刻を告げる西日が非情な宣告に拍車をかける
ヒグラシが奏でる自由な旋律は傷心には無音に等しく
ほんの少し前まで道を照らす希望は水屑となった

黒と白が我が家に色付けされ父親は落胆し俯いている
台所ではせわしなく動く女性たちと気丈に振舞うふりの母親
ここには僕の居場所が無くなった
無抵抗に打ち寄せる波さえ美しく見えた海
堤防に積み立てた喜びは悲劇が打ち上げられ足が遠退くだろう

人の気持ちも知らずに限られた時間の中で止まない蝉時雨

新しい居場所を求め長いトンネルを抜けなければ

振り返る暇のない憧憬を探しに

2019年7月28日公開

作品集『Flash Back』第18話 (全29話)

© 2019 菊地和俊

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ミステリー 純文学

"Flash Back #18"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る