Flash Back #17

Flash Back(第17話)

菊地和俊

小説

734文字

憂鬱と快感#14

トイレの洗面所に映る顔を見ると薄っすら隈が見える
睡眠は十分にとれているのに
三十過ぎると出てくる抜けない疲れのサインかもしれない
自覚のない過労やストレスなら厄介だろうが暫くは気にしないのが最善だろう

鏡の端で用を足す男の後姿が目に付いた

流れ出る水を両手にへばりつけ
頬の火照り具合を確かめていると
激しい水声が左から響き始めた

「妹が結婚するんでよ」
隣の洗面台に立つ男が話しかけてきた
分厚い鋼のような身体を白いシャツで覆い
年齢は自分より少し上に見え幸せに満ちた表情は
アルコールで赤みがかっている
「でも残念ですよ、ふざけた奴なら一発殴れたんですけどね」

まるで父親のようなセリフ、幼い頃に父親を亡くし
兄として時には父親の代わりも兼ね妹と暮らしてきた
彼の家庭環境がそんな風に垣間見れた

 

「すいません急に話しかけて」
その一言を残して彼は席に戻った

妹が結婚か、アイツも俺もしていてもおかしくない歳になった
少し前の俺を見たらなんて言われるだろう、一発ぶん殴られるかな

「そんなんだから逃げられるんだ」
説教された記憶なんてないけど想像してみた
どんなに願っても叶わない現実と進むしかない現実
昼白色が照らす白さを後にしてニューヨークが待っている男の席に戻った

空気中に含まれる水分量は時刻が1時を過ぎても減ることはなく
べたつく風が吹いてもほろ酔い加減にはちょうどよかった

明朝は早い時間に打合せが入っている前田は
後ろ髪を引かれながらホテルに戻った
異今都の前を通るとこの時間には珍しく明かりがついている
奥の席には人がいて男性のようだ
さっきの店のトイレで話しかけられた男に似ていた

飲食店のトイレで初対面の男との立ち話を思い出す
あれは随分と希有な体験だったな

自宅前に着いたとき生温い突風が通り過ぎた

2019年7月27日公開

作品集『Flash Back』第17話 (全29話)

© 2019 菊地和俊

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ミステリー 純文学

"Flash Back #17"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る