Flash Back #14

Flash Back(第14話)

菊地和俊

小説

401文字

憂鬱と快感#11

chapter two

 

屈託の無い笑顔で少女は海を見ている
潮風がセミロングの髪を靡かせ入道雲の隙間を縫って光が水面を照らしている
時折こちらに振り向き海を指さし喋りかけている
「もうすぐだよ」
何かが来るのを知らされているんだろうが海には何も見当たらない

彼女は目を瞑り潮風を受け止めて穏やかに呼吸をしている
水平線の上には夕凪と山吹色と途切れた雲が少し
どこかで見たような景色の中で目を閉じてみた

降り注いでいる光が薄くなり空を見あげると矢のような雨粒が降りてきた

雨が強くなるにつれ彼女は笑いだす
雨音が増すにつれ笑い声はけたたましさを帯びている

もうさっきの彼女の面影は消え去り不気味な物の怪のようだ
目も当てられない異様さに視界を外すと海には何かが浮かんでいる

「やっときずいたのね、それを忘れてはいけないのに」
物の怪と化した女を見ると顔のほぼ全体を闇が支配している

「あなたが欲しがった愛よ、もう手遅れだけど」

2019年7月27日公開

作品集『Flash Back』第14話 (全29話)

© 2019 菊地和俊

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ミステリー 純文学

"Flash Back #14"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る