Flash Back #13

Flash Back(第13話)

菊地和俊

小説

492文字

憂鬱と快感#11

バックミラーに映る男が喋っている
見覚えのある顔、あのスキンヘッドの男だ

忘れていたあの日のこと
何故今になって出てきた
「久しぶりだろこの感覚」
笑いながら喋る男に嫌悪感を抱き自然に眉間に皺を寄せていた

「おっかない顔するなよオマエしか見えない真実だぜ、むしろ感謝してくれよ」
「随分横柄だな」

後部座席の男は笑いだした
手で膝を叩きながら爆笑してやがる

この男に怒りが湧くが言い返す言葉が見つからない
怒りでハンドルをぶっ叩きクラクションを鳴らし後ろを振り向くと男はいなくなっていた

 

パワーウィンドウをノックする音で我に返った

不思議そうな顔で理沙が車を覗き込んでいる
「大丈夫、クラクションなんか鳴らして」
「ちょっと誤って鳴らしただけだよ」
「ならいいけど、それより汗かいてるわよ」

額を触ると少量の水滴が掌に感じとれた
「戻るけど乗って行くか」
「夜まで無理よ終わったら連絡する」

車で本社に向かいながら理沙に救われたのを実感した
あのままだったら何をしてたかわからなかった
自分を保てなかったかもしれない恐怖
ハンドルを握る手に力が自然と入る
恐れの正体は己の中にあるのか
言い知れぬ不安が湧き上がってきている

2019年7月27日公開

作品集『Flash Back』第13話 (全29話)

© 2019 菊地和俊

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ミステリー 純文学

"Flash Back #13"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る