Flash Back #12

Flash Back(第12話)

菊地和俊

小説

610文字

憂鬱と快感#10

離婚が決まりかけた時にアイツと初めて会話したのを覚えている
本社の15階にある社員食堂は夜になるとBarに変わり酒が飲める

料理も出してたので出て行った女の余韻が蔓延する家に帰る前に食事をとってから帰るのがあの時の日課になっていた

出社前の朝独特の喧騒は寂しさを微塵も感じせないが帰宅後の夜の静けさは応えた

同じ会社働いてるが喋らない社員もいる中で顔だけは知っている1人だった小野寺理沙

隣でタブレットを開きながら食事をする彼女と現実逃避しながら晩飯を食べる俺
金曜日の夜は油断が隣にあって弱った俺は酔いが回ったのか焼きが回ったのか

酒の勢いを借りて理沙に話しかけてた

思ってた以上に離婚のダメージは大きく
淋しさを日に日に思い知らされた自分を見て俺も人の子だなと俯瞰してみたものの
淋しさは増幅する一方だった

 

一気に坂を駆け上がるようにアイツとの距離を縮めて週2日泊まりに来るようになった

習慣は人間性が出るのは仕方ないが俺もアイツも思いやる事が拙いかもしれない
歳を重ねても答えが出ないものに固執している

アイツも俺も昔の俺も

駐車場に着き車のドアを開けた時声が聞こえた

 

「そろそろ始まるぞ本当の痛みが」

 

周りを見渡しても誰もいなかった
空耳か、週の始めで疲れてないのにこれかよ
よっぽど朝の事がストレスだったのか
行くも地獄行かぬも地獄だな女は

 

「笑えるのは今のうちだぜ、これからは本当に笑えなくなるからな」

2019年7月27日公開

作品集『Flash Back』第12話 (全29話)

© 2019 菊地和俊

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ミステリー 純文学

"Flash Back #12"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る