第13話-M 【二代目ノーベル芥川賞継承代理戦争篇 第6話】伝説の昭和の同志は握らせたい

交じる異界のオーヴァゼア (正統Mツリー)(第4話)

谷崎潤一郎は長男

小説

4,174文字

これはフィクションです。関係ありません。

今年はノーベル芥川賞が釈放されるらしいという噂が流れた新日本列島は、芥川戦国時代に突入した。

東海ドメインの芥川信長、東山ドメインの芥川政宗、北陸ドメインの芥川謙信、西海ドメインの芥川薩摩。

それら全てを片づけた鮎喰響あゆくいひびきは、2G代目イケダハヤトと共に、大四国及び淡路ランド県南部を流れる四兆万十川を訪れていた。

 

鮎喰圓明流あゆくいえんめいりゅう――〈魔岩伝説〉」

異界から出現した巨大な岩が、川から突き出ている岩に激突し、1尺近い鮎が次から次へと水面みなもへ浮いてきた。

「鮎喰さん、こっちに目線ください。ゆっくり。もう1度」

カメラの水滴をぬぐい、三次元ジンバルに取り付けなおした2G代目イケダハヤトは、鮎を拾い集めている鮎喰響に声をかけた。

動画それ、ホームページにウプをしたら犯罪になるんじゃなかったの?」

「正確に言うと、鮎喰さんが既に犯罪です。ていうか、僕の川だから問題ないんですけどね」

「そうなの? 鮎喰一族うちの地図には書いてなかったけど」

「更新してください。どうせ、長宗我部とか秦氏とか書いてある地図でしょ」

「うん」

「まぁ、近いうちに列島全部買いますから、その後でいいですけど。もちろん、日本の鮎は、すべて鮎喰さんにプレゼントします」

「わーい」

「ノーベル芥川賞、お願いしますよ」

「わかってる。鮎喰圓明流――〈青白い炎〉」

鮎喰響は異界から出現した巨大な炎を薪に移して鮎を焼き、手づかみでかじりはじめた。山のように積まれた鮎が、みるみる内に平らげられていく。

「圧倒的に食べますねぇ。おいしいですか?」

「うん」

「鮎だけで千年生きてきたって、本当だったのかもしれませんね」

「私はまだ18年だけど」

「一族の話ですよ。ようやく、信じてもいいような気にはなってきました」

「鮎喰は嘘なんかつかないよ」

「にしても、異界から斧を出すとか岩を出すとか、ほとんど超存在か超魔法師じゃないですか。オーヴァゼア以前から、そんな人間がいたなんてねぇ……」

「そう? 人間は武器を持たずに生まれてくるんだから、異界から武器を出すのは自然だと思うけど」

「まぁ、謎の理屈はどうでもいいです。僕は、この世を加速できればいいだけなんで」

「ちょっと急いだほうがいい?」

「ゆっくり召し上がってください。ゼア入りしたら、鮎を確保できるかどうかもわからないですからね。最近は、完全に情報経路が閉塞まってますし」

イケダハヤトは、体育座りをしたまま手を伸ばし、1本の薪を炎の中へ放りこんだ。

「イケダハヤトは怒ってる?」

「怒ってないですよ。オーヴァゼアを無かったことにしようとしている政府はほんとにバカだなぁと思ってるだけで。それだって、これからの加速の邪魔さえしなけりゃ、どうでもいいです」

「〈加速〉――それが、イケダの一族のごうなんだね」

「無いですよ、そんな一族。鮎喰さんのとことは違います。血縁も伝統もありません。鮎喰さんは、〈アナタの子供たち〉って知ってますか?」

「知らない」

「でしょうね」

「それもインターネット?」

「外国の独裁者が集めてた孤児ですよ。僕もその1人で、そのままいけば今頃は、どこかの国でつまらない枕暗殺とかしてたと思います。でも偶然、イケハヤ財閥に買われて、〈イケダハヤトの穴〉に入ったのも偶然で、僕が2G代目になったのも全くの偶然なんですよ。だからもうそれはどうでもいいから、とにかく行けるとこまで行きましょう。それだけのイケハヤです」

「そう。面白いね」

「え、逆効果……?」イケダハヤトは表情を硬くした。「怖いんですよ、鮎喰さんのその面白認定。僕と〈最強〉の座を争うのは、一番最後にしてくださいね。ていうかもう、そこまで行ったら、鮎喰さんが最強でいいですよ。僕は、加速の結論が見えたらそこで終了です」

「嘘つき」

「やめてくださいよ。とにかく今は、いいですか? イケハヤと一緒にオーヴァゼアへ行きましょう」

 

 

一方その頃オーヴァゼアでは、関東ヤンキー大学ヤンキー人文学研究科乱菊研究室の修士・乱菊実写謎舞踏らんぎくさいとがオーシマ・キューコ追討作戦の失敗を回想していた。

「〈大量虐殺以後作詩〉ああああああ! あの〈反動的超国家主義者おんな〉、〈貫世界的ぜってー〉ぶっ〈現象学的墓碑銘還元ころ〉す! 〈懐疑停止ぜってー〉ぶっ〈現象学的無記名虐殺ころ〉す!」

「はいはい。本気で戦争にするつもりは無いから、そう言ってるんだよね。実写謎舞踏さいとくんは本当にいい子だね」

乱菊外道祭文らんぎくしすこは車椅子を反転させ、荒ぶる実写謎舞踏の頭をなでた。

「けど助教カシラ! このままでいいんすか⁉」

「良くはない形だね。でも、教授オヤジさんと連絡がとれない今、研究科を越境またいでの抗争はできない」

「そりゃ桜井研究室あいつらだって同じでしょ! 向こうは完全に〈抗争上等〉る気でしたよ! 〈現象学的機会いい〉じゃないですか! 歴史学研究科れきしの研究室、片っ端から〈現象学的併呑〉みこんでやりましょうよ!」

 

 

乱菊実写謎舞踏は激怒していた。

大学刑務所閉鎖以来の鬱憤を吹き飛ばす大激戦になるはずだった、超存在追討作戦。

星辰魔女アストラル・ビッチ〉乱菊外道祭文を筆頭とする、乱菊研究室の刑務所外最大戦力。

加えて、下部研究室の室長連合。

オーヴァゼア自治政府の精鋭部隊。

オーシマ・キューコからの呼び出しを受けた、全裸の超存在ゴータマ・ゴーザ。

これら全ての最大火力は、大学キャンパス内に巨大な最高の伝説の廃墟を造りだすこともなく、不発に終わった。

 

攻撃開始の合図より先に、追討軍の耳に届いたのは、街宣車の音――ヤンキー歴史学研究科桜井研究室の誅殺街宣車が響かせる行動歌の音だった。

 

嗚呼ああ 混濁の世に立つは

幽白かそけ天霊蓋しゃりの 一里塚

命もいらぬ 名もいらぬ

誠の花は 狂い咲く

 

が立つよし思議うなかれ

社稷しゃしょくの憂いを 見よやこれ

益良夫ますらおとても 身はひとつ

誠の花は 狂い咲く

 

権門けんもん財閥 栄ゆれど

治乱興亡 なぎ遊戯ゆげ

永劫醒めぬ 氷の世

誠の花は 狂い咲く

 

九天きゅうてん 我を ひしぐとも

四海しかいの国を おかせども

惑える星の 血におど

誠の花は 狂い咲く

(同胞きょうだい押忍! 同胞きょうだい押忍!)

 

嗚呼ああ 混濁の世に立つは

幽白かそけ天霊蓋しゃりの 一里塚

命もさらば 名もさらば

誠の花は 狂い咲く

 

追討軍の先頭に立つ超存在ゴータマ・ゴーザから20メートルばかりの距離を置き、街宣車は停止した。

「おい乱菊!」街宣車の運転席上部に立っていた軍服姿の女――桜井研究室助教の桜井覇子さくらいぱこは、三次元メガホンも握らずに大音声だいおんじょうを発した。「オーヴァゼアの腐敗官僚めらも静聴せい! 即刻その傲很ごうこんたるこうべを垂れて! 国民みな哀歌うたを聴けい! お前ら人文学研究科! ならびに似非日本政府の文部省は! 国家の文学と民族の詩学を護持するべき重大なる職位を身の程知らずにも僭窃せんせつし! そればかりか今またこうして日本国家の行く末を惑乱せんとしている! ノーベル芥川賞を獲得し! 日本国家に再度の繁栄をもたらすき者は! ここにおられるオーシマ・キューコ烈士をおいて他には無い! お前ら奸賊があくまでも烈士を排し! 天意の何たるかも弁えぬ娘義太夫ふぜいを推すのであれば! もはや誅殺やむ無し! 乱菊助教らんぎくじょきょうであろうと超存在であろうと、我が刃をもって斬り伏せる!」

「ごめんねゴーザ」もう1台の街宣車の窓から顔を出したオーシマ・キューコは、ゴーザに向けて手を振った。「覇子このこのバイブスかわいくてー、なんか、アーシがノーベル芥川? とることになっちゃったし。それ受賞って超存在強度をアゲまくってもアメリカに勝てなかったら、その時はゴーザの精子をもらいにいくし。あ、お弁当はほんとに作ってきたから食べていいし」

胸元へ一直線に投げつけられた弁当箱をゴーザは受け取った。超音響ソニックブームが弾けた。

覇子ぱこちゃんの芋煮も入ってるし。この子、何やらせても本気だから、味は期待していいし」

「オ、オーシマ烈士! その件は!」

「隠すことないし。今夜は何つくる?」

「もう包丁は握りません! 勘が鈍ってしまいます!」

「なに言ってるし。包丁は武士の心得たしなみだし」

桜井研究室特別攻撃隊員たちが羨望と怨嗟の眼を弁当箱に向ける中、10万人の戦場でも通るような大声で、オーシマ・キューコと桜井覇子は言い合いを続けた。

 

 

「あいつら〈決断遅延的最後通牒〉めてますよ! 〈現象学的絶対ぜってー〉ぶっ〈現象学的殺害ころ〉す!」

並木道で車椅子を押しながら、乱菊実写謎舞踏は憤懣を声にして吐き出した。

「だから、ダメだって。今回は、情報戦で1本とられたね。どっちがどっちを抱き込んだのかはわからないけど、ヤな形で選択肢ボールを渡されちゃった」車椅子に乗った乱菊外道祭文は、つまんだ落葉をくるくると回した。「まあ、覇子ちゃんも、乱菊教授オヤジさんを斬るとまでは言わなかったし、教授会レベルの全面戦争まではする気が無いっていうシグナルいみなんだろうね」

「それが〈存在不充分投企的最後通牒〉めてんすよ! こっちから〈先制存在攻撃しか〉けるのは〈先験的厳禁ダメ〉でも、俺はあの前弾圧子ガキに〈芥川ジャップ賞〉をとらせますよ。これだけは、〈誤謬まちがい〉なく〈乱菊教授オヤジ〉の〈命令〉ですから!」

「うん。オーシマ・キューコが日本以外の予選に出てくれるって形は、ちょっと無さそうだし、どうしたって衝突ぶつかることにはなるだろね。とりあえず、前弾圧子はこのまま確保。こっちが諜報優位をとるまで、目立つ動きは控えてね」

「愛国超存在、マジ〈帰属国家同一性めんどくせ〉え」

「形を動かしづらいっていう意味では、まあ、そうだね。ただの超存在じゃない、ていうか、超存在にも色々いるんだね。自分の武力だけで押してくるしかないような、終わってる存在じゃない。軍国の亡霊っぽくない喋り方をしてるし、彼女が超存在になる前の経歴も、なんとなく見当がついたよ」

「〈過去そこ〉から何とか、なりそっすか?」

「わからない。とにかく、乱菊研究室うちの敵対組織が情報を回し合ってる感じな、今の形は絶対に良くない。細かいケンカは、すぐに手打和合わらせて。こちらが詫びる形になってもいい。体はいためちゃダメだけど、お金なら私が何とかするよ」

 

 

前弾圧子を推すヤンキー人文学研究科乱菊研究室。

オーシマ・キューコを推すヤンキー歴史学研究科桜井研究室。

そして、鮎喰響と2G代目イケダハヤト。

 

ノーベル芥川賞日本代表の座をめぐり、完全中立都市オーヴァゼアの一角で、3つの超勢力が衝突しようとしていた。

2019年3月14日公開

作品集『交じる異界のオーヴァゼア (正統Mツリー)』最新話 (全4話)

© 2019 谷崎潤一郎は長男

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"第13話-M 【二代目ノーベル芥川賞継承代理戦争篇 第6話】伝説の昭和の同志は握らせたい"へのコメント 0

コメントは許可されてません。

このページのコメントはもう閉じられてしまいました。新たにコメントを書くことはできません。

作品に戻る