シャボン

ワンルーム・ミラージュ(第3話)

谷田七重

小説

9,060文字

老廃の矢崎は今日もシャボンを吹かす。近年になって、シャボンの箱には注意書きが記されるようになった。――シャボンの泡は、幻覚を引き起こす原因のひとつとなります

2016年4月11日公開

作品集『ワンルーム・ミラージュ』第3話 (全6話)

ワンルーム・ミラージュ

ワンルーム・ミラージュの全文は電子書籍でご覧頂けます。 続きはAmazonでご利用ください。

Amazonへ行く
© 2016 谷田七重

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


3.3 (3件の評価)

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

ファンタジー

"シャボン"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る