はめにゅー

もうすぐ終了! フィリップ・K・ディック酒場2017 フォトレポート

早川書房の一階にあるカフェ・クリスティが『ブレードランナー2049』の公開にあわせPKD酒場として改装中。メニューも作品のコンセプトにあわせている。

カズオ・イシグロバブルに沸く早川書房の一階カフェ・クリスティは季節によって特別な装いになるのだが、現在は映画『ブレードランナー2049』にあわせて「PKD酒場2017」と銘打たれている。

店舗正面はカズオ・イシグロ酒場状態。

店内は普通の喫茶店だが、ディックの作品世界を意識したメニューが並ぶ。

何が出てくるのかよくわからない……いちおう、解説付きメニューもあり。

映画のアジア的な雰囲気を再現。

まずは青島ビールを飲み、憧れの「うどんヌードル」を注文!

これがあのうどんヌードル……

そして、「デッカ丼」にもチャレンジ。今回はカレー味にした。

要するにイカスミ天丼ですね

「アンドロイドは羊の野菜炒めを食うか?」

続いて、ドリンクのご紹介。ジョニー・ウォーカーなどの作品に登場したドリンクもあったが、オリジナル・カクテルに挑戦。

カクテル「流れよ我が涙、と警官は言った」

このカクテル、名前が長すぎるので注文しづらい。椎名林檎のアルバム『加爾基 精液 栗ノ花』ばりに注文しづらかった。

カクテル「デッカード」に「易経スティック」を添えて。

「易経スティック」はご覧の通り、プリッツとポッキーである。また、店の中では作品に関連したレクリエーションが提供されており、ブレードランナー折り紙を楽しむことができる。

ユニコーンの折り紙が激ムズ。折り紙ももらえる。

さらに、レプリカントのチェックテストシートも提供されるので、一緒に行った人がレプリカントではないかどうか、確認しよう。

レプリカントチェックリスト

以上、『ブレードランナー』好きならかなり楽しめるのではないだろうか。もちろん、料理がそんなにうまいかといえば、はっきり言って普通なのだが、作品の世界を再現した居酒屋というのもなかなかないだろう。店内では楽しそうにSF談義をしている客も見られた。

筆者もレイチェルのように美しい秘書を伴っていけばもう少しフォトジェニックな写真を撮れたのだが、一緒にいったのが普通のおじさんだったので、ここら辺でフォトレポートを終了とさせていただく。

なお、PKD酒場の営業は11/24(金)まで。日・祝おやすみなので、興味のある方は今日か明後日に行こう!