はめにゅー

【文学餐事記】祝・発売1周年 丸善レトルトハヤシ実食記

はめにゅーでたびたび話題となってきた丸善「新厨房楽レトルトブック ハヤシビーフ」をついに実食した。1食あたり約700円という高級レトルトハヤシの味は果たして…?

去る9月8日が「ハヤシの日」だったことを、世間のどれほどの人が知っていただろうか。

ここでいう「ハヤシ」とは、日本生まれの代表的な洋食のひとつ、ハヤシライスのことだ。考案者とされる早矢仕はやし有的ゆうてき(1837-1901)の誕生日が9月8日だったことから、この日がハヤシの日ということになっている。もっとも、この記念日が制定されたのはつい昨年、2016年のことだった。まだまだ一般にはあまり浸透していないのが実情だろう。

だが、はめにゅー読者であれば話は別だ。なにせはめにゅーでは、昨年9月に公開した「ハヤシライスの日に丸善ジュンク堂書店がレトルトハヤシを新発売」というニュースを皮切りに、たびたびハヤシライスに関するニュースをお届けしているからである。

いまだに安定したPVのある2016年9月9日のニュース

この記事への反響は当初それほどでもなかったが、1年をかけてじわじわアクセスを伸ばし、現時点ではめにゅー史上歴代5位の総アクセス数を記録している。

これだけ関心が高いからには、ただニュースを出しておしまいというわけにはいくまい。丸善のレトルトハヤシを実際に食べて感想を書くのは、ニュース執筆者の責務とすらいえるのではなかろうか? ましてや筆者は、はめにゅー界隈で最も「食」へのこだわりが強い(どちらかといえば食べることより作ることへの情熱のほうが強いが)ことでもお馴染みだ。

というわけで、ハヤシの日からは1週間ほど遅れてしまったが、レトルト版の発売1周年を記念して実食レポートをお届けしよう。

 

丸善とハヤシライスの関係をおさらい

実食に入るまえに、そもそも「どうして丸善がレトルトハヤシを発売したのか」という点を簡単におさらいしておきたい。

丸善といえば、読書好きでなくともお馴染みの老舗書店チェーンだ。本・雑誌以外にも文具や事務用品の取り扱いはあるが、食品のイメージは薄いという人も多いことだろう。しかし実は昔から飲食事業も展開しており、現在も東京や京都にはカフェ併設の店舗がいくつかある。そしてそこの看板メニューは、今も昔もハヤシライスだ。なぜかといえば、丸善の創業者こそが早矢仕有的その人だったからである。

丸善ジュンク堂書店「ハヤシの日」特設サイトより

慶應義塾で福澤諭吉に学んだ経歴をもつ早矢仕は、ヘボン式ローマ字でお馴染みのジェームス・カーティス・ヘボンとの交流もあるなど、西洋文化への造詣が深かった。そのため、家に友人が訪れるとしばしば洋風の牛肉煮込み料理を振る舞ったという。ただ、医師でもあった早矢仕は栄養バランスを考えてタマネギなどさまざまな野菜を加え、そこにライスも添えた。そのオリジナル料理は友人たちのあいだで評判となり、やがて誰ともなく「早矢仕ライス」と呼ぶようになる。これが今日に伝えられるハヤシライス誕生秘話だ。

このエピソードをもとに、丸善では昭和期からレストランでハヤシライスを提供しつづけてきた。また、1989年には創業120年を記念して缶詰入りのハヤシソースも販売開始している。そうした流れを汲んで昨年誕生したのが、レトルトパック版のハヤシだというわけだ。

 

1食あたり700円!ハードルは否が応でも上がる

さて実際の商品である。丸善のレトルトハヤシの正式な商品名は、「新厨房楽レトルトブック ハヤシビーフ」という。丸善らしく本を模した豪華なパッケージとなっていることから、「レトルトブック」と名づけられているわけだ。数える単位も1冊、2冊となっているのがなんともユニークである。

見た目は完全にハードカバーの本!

値段は、1冊2食入りで1,300円(+税)。1食あたり約700円という計算だ。本格的な洋食屋で外食することを思えばお手頃ではあるが、レトルト食品としてはなかなかの高額といえるだろう。近年はレトルトカレーにしろインスタントラーメンにしろ二極化が進んでいて、味や具材にこだわったものであれば500円を超えてくることも多々あるものの、そのぶんハードルはどうしても高くなる。否が応でも味に期待せずにはいられないところだ。

サイズは文庫より大きくA5より小さい

しかも今回筆者がレトルトブックを購入したのは、オンライン書店honto経由だった。困ったことに通販の場合は、2冊セット(4食入り)からしか買うことができない。つまり、総額2,808円の出費である。ギフトとしてお世話になっている人に贈るのであればちょうどいい価格だが、庶民が自宅で消費するための食品としてはかなり贅沢だ。これでもし不味かったら、しばらく丸善のことを嫌いになってしまうかもしれない。

カロリーの高さは「元祖」の矜持か

期待と不安に腹を空かせながら、いよいよハヤシビーフを温めていく。パウチの裏側を見ると、湯煎で温める方法と電子レンジで温める方法が記載されていた。湯煎の場合は約5分、レンジの場合は500Wで約2分とのことだ。パッケージこそ凝っているが、食べ方に関してはきわめて平均的なレトルト食品といえるのではないか。

なお筆者は、マイクロ波加熱ではレトルト食品のポテンシャルを発揮しきれないという立場をとっているので、今回は悩むまでもなく湯煎を選んだ。温めてから器に移すほうがロスも出にくいので一石二鳥だ。

愛用の青い鍋でぐつぐつと

ついでに栄養成分もチェックしておこう。内容量は200g。大手メーカーのレトルトハヤシやレトルトカレーはだいたい180~200gの範囲なので、これもごく平均的といえる。しかし驚くべきはそのカロリーである。なんと1食あたり289kcalにもなる。最もメジャーなレトルトハヤシといえるハウス食品の咖喱屋ハヤシは200gで170kcalなので、実に1.7倍だ。ここにライスのカロリーもプラスされることを考慮すれば、まったくダイエット向きではない。

驚異の1食あたり289kcal!

参考:ハウス食品ウェブサイトより「咖喱屋ハヤシ」成分表示

といって、炭水化物量がそう変わるわけではない。大きく違うのは、脂質とタンパク質だった。脂質は約2倍、タンパク質にいたっては約3倍も丸善ビーフハヤシのほうが多い。この情報から導かれる答えはひとつ、丸善のビーフハヤシには牛肉がたっぷり入っているということなのだろう。

早矢仕有的が生きていた時代の牛肉は、まぎれもなく高級食材だ。それを踏まえると、早矢仕が提供していた元祖ハヤシライスはソースを楽しむものというより牛肉を味わうものであったように思える。このレトルトハヤシのカロリーの高さは、歴史へのリスペクトの表れだと評価することができるかもしれない。

 

せっかくなのでライスにも一手間

余談だが、今回はせっかくなのでターメリックライスも炊いてみた。高級レトルトハヤシを食べるのに単なる白米というのでは、あまりに芸がないではないか。

インスタ映え!

バターライスという選択肢もあったが、それだと画的にやや地味に思えた。筆者はデザインの仕事もたまにやっているので、せっかくレポートを載せるからにはシズル感も重視したい。イエローに食欲増進効果があることは、今や色彩心理学の知識がない人にもよく知られているだろう。そこで、今風にいえばインスタ映えも考慮してターメリックライスを選んだというわけだ。

ターメリックライスの炊き方はとくにむずかしくない。洗った米をターメリックとバターと一緒に軽く炒めて、あとはふつうに炊くだけだ。ターメリックの量は米1合あたり小さじ1杯も入れれば充分だろう。ただし、先に炒めているぶん吸水力が落ちるので、炊く際にはやや水量を少なめにするとよい。たったこれだけで色鮮やかなターメリックライスの完成である。

炊飯はフライパン派

ちなみに筆者は、炊飯には電気炊飯器でも土鍋でもなくフライパンを使うことにしている。熱が全体に伝わりやすいため短時間で炊けるし、耳を澄ましながら米と対峙することで炊き具合を微調整できるのも便利だ。4~5人分の料理を作らなければならない場合は炊飯器のほうが手軽で実用的だとは思うが、1~2人前程度しか米を炊く必要がない人にはぜひフライパン炊きをおすすめしたい。

適当にググればいろいろ炊き方は出てくるので、興味のある人は一度試してみよう。

 

良質なとろみが引き出す三位一体の旨味

さあ、ついに5分が経過した。待ちに待った実食の時間だ。ターメリックライスをよそった皿に琥珀色のハヤシビーフはよく映える。牛肉もごろごろと入っているし、タマネギも存在感がある。照明と食器次第ではもっと老舗レストランのようなラグジュアリー感を演出できたかもしれない。

具はゴロゴロ、量もたっぷり

スプーンで1口分すくってみると、それだけでソースのとろみの上質さがわかった。ライス1粒1粒に絡みついてしっかりとコーティングしながらも、けっしてベタベタとはしていない。カレーにしろシチューにしろ麻婆豆腐にしろ、質の悪いとろみはまるで水飴のようにスプーンにしつこく粘りつくものだが、糊化したライスの表面にだけ吸い付くという過不足ないとろみ具合は絶妙だ。

おそらくこれは、大量の小麦粉によって強引にとろみを出すという手法を用いていないからだろう。レトルト食品という性質上、さすがに増粘剤不使用というわけにはいかなかったようだが、トマトとタマネギをじっくり炒め煮込むことで少しでも自然なとろみに近づけようと尽力したことが窺える。

おかげで、口に投入したあともハヤシソースそのものの食感と、ライスの食感と、お互いが絡み合った食感とが三位一体となって舌に広がっていった。広義の汁かけ飯はこうでなくてはいけない。肉や野菜の出汁が複雑に絡み合ったスープの旨みは、一緒になにを食べるかによってグラデーションを描くように変化するものだ。わずかスプーン1杯分のハヤシライスが、口のなかでは満漢全席さながらの豊饒な味の広がりを見せてくれる。この時点で当初の不安は霧散した。

実は今回、ハヤシビーフと一緒に同じく「新厨房楽」ブランドのカレービーフも購入しているのだが、この調子であればカレーにも大きな期待ができそうだ。

キレのある甘味が肉を引き立てる

甘味も、一般的なハヤシライスにくらべると独特だった。

今回の実食に先駆けて、筆者は比較対象としていくつかのハヤシライスを食べている。あらためて世間一般でのハヤシライスの基準を確認したかったからだ。ひとつは上でも挙げたハウスの咖喱屋ハヤシで、大衆的レトルトハヤシの代表とした。ひとつは銀座ライオンのハヤシライスで、こちらは昔ながらの洋食屋の味の基準とした。もうひとつは、ウェブ上に転がるいくつかのレシピを参考に自作したオリジナルだ。これは、ハヤシライスの構造を理解するためのものだった。

数か月前につくった筆者の自作ハヤシ 丸善ハヤシより赤味が強い

それでわかったが、どうにも市販のハヤシライスは甘ったるすぎる傾向にあるようだ。糖類の添加が多すぎるためだろう。それはカレーとの差別化のためかもしれないし、世間でのハヤシのイメージがそれだけ甘いというだけのことなのかもしれない。しかし市販カレーがそうであるように、市販ハヤシもそもそも混合油を使いすぎているので、糖分が多いと後味としていつまでも舌に残ってしまってスパイスが台無しになる。脂と糖分がやたら多いということは、要するにジャンクフードなのだ。

丸善のハヤシビーフは違う。砂糖もたしかに使用されてはいるが、ミルポワ由来のコクやチャツネのフルーティーさを引き出すためのバランス調整役のような立ち位置に感じられた。スイカに塩を振るような感じだ、というとさすがにアナロジーが過ぎるか。なにより脂の質も良いのだろう。口にあるあいだは甘いのに、飲み込んだあとには肉の味がしっかりと残る。これほど「牛肉を食べている」という実感の強いハヤシライスはこれまで食べた記憶がない。

もっとも、「しつこくない」というだけであって、口に入れたときの甘さ自体はわりと強めの部類に入るといえる。カルダモンやセージなどのがっつり効いたスパイシーなハヤシライスが好みだという人には、少々物足りないかもしれない。ここは好みの問題だろう。

 

ハヤシライスは牛肉料理だ!

ドミグラスに対する捉え方の違いも、特徴のひとつではないだろうか。一般的なハヤシライスはドミグラスありきでのレシピ構成に思えるのだが、丸善のハヤシビーフはここでも「牛肉が主役」といったスタンスを貫いているようだった。

そもそも早矢仕の牛肉煮込みは「ハヤシライス」という概念が確立される以前のオリジナル料理であるわけだから、レシピ上の制約も道標もなにもなかったはずだ。ハッシュドビーフやビーフストロガノフからの影響が皆無だったとはさすがに思わないが、本職の料理人ではない早矢仕だけに「再現」という意識はあまりなかったのではないか。

原材料には牛肉・タマネギが先頭に記載されており、変わった食材も使われていない

現在の丸善ハヤシビーフも、スパイスを何種類使うだとかフォンドヴォーを何時間煮込むだとかに執心するより、牛肉のポテンシャルを引き出すことに主眼をおいているのだろう。足し算よりは引き算の料理であるように感じられた。近年のカフェ文化における新しい世代のハヤシライスとは逆のベクトルといえよう。

もちろん牛肉も、むやみに「やわらかい」「とろける」などと言いたがるだけの連中を切り捨てる気満々の、肉らしい肉の味だった。最近の赤身肉再評価の流れは、ここ10年ほどの「食」のブームのなかではめずらしく良識的で建設的なブームだと個人的には思っている。やわらかいものが食べたいだけなら、マシュマロでも食っていればいい。この丸善ハヤシビーフを食べれば、ハヤシライスが元来牛肉料理であることを痛感できるはずだ。

 

文明開化の味を知ってしまった

だから、もしかすると丸善のレトルトハヤシは、ハッシュドビーフの一種ではなく牛丼の亜種と捉えるべきなのかもしれない。事実、レシピを構造的に見ていけば両者の共通点はかなり多い。汁だくの牛丼にドミグラスと赤ワインを加えれば、それだけハヤシライスに非常に似たものができあがるはずだ。

パッケージ内側にもしっかりと丸善とハヤシの関係が掲載

そう考えると、パッケージに書かれていた「文明開化の味と香り」という文言がただのハッタリではないこともわかる。開港以来の牛鍋文化とハッシュドビーフのマリアージュだと再解釈すれば、ハヤシライスへのイメージは大きく変わるのではないだろうか。牛肉とは、新しい時代への期待であり希望であり浪漫だったのだ。牛肉の味をしっかりと噛みしめることなしには、この国の洋食文化を理解することなど到底不可能なのだ。丸善ハヤシを食してみれば、文明開化の味がする――。

お手頃とはいえない価格なのでおいそれとはオススメできないが、少なくともこのレトルトに関してはコストパフォーマンスという概念を持ち込んで評価すべきではないのだろう。お得かどうかはさておき、筆者はまた食べたいと思った。それが率直な感想だ。そして可能であれば、これを越えるハヤシを自分で作りたい。終わってみれば、筆者の料理熱がますます高まっただけであった。