はめにゅー

日販がホテル事業参入へ ブックホテル「箱根本箱」2018年開業

2018年春、温泉街・箱根にブックホテルが誕生する。しかも運営するのは書籍流通大手の日販だというのだから、本好きであれば気にならないわけがない。あえて今ホテル事業に参入するのは、どのような理念があってのことなのだろうか。

書籍流通大手の日販は、関東屈指の温泉街・箱根にブックホテル「箱根本箱」をオープンすると発表した。ホテル全体を書斎に見立てた建物となる予定で、新刊・古書を合わせて2万冊が置かれるという。立地は箱根温泉のなかでも別荘や保養地の多い強羅温泉エリアで、開業は2018年春となる。

箱根本箱のコンセプトは「本に囲まれて暮らすように滞在する」こと。活字離れが叫ばれるようになって久しい昨今だが、日販ではこの原因のひとつとして「本との出会いの少なさ」を挙げている。ブックホテルという形態は、「本との出会い」の新しい形を創出する施策だといえるだろう。

ホテルは日販保有の保養所を全面リノベーションするもので、客室数は19室、そのうち18室には温泉露天風呂がつく。施設内にはレストラン、カフェやコワーキングスペースも設けられ、日帰りでの利用も可能だ。置かれる書籍のセレクトは、日販グループのブックディレクションブランドであるYOURS BOOK STOREが担当する。

温泉好きから建築ファン、さらにノマドワーカーからサブカルクソ野郎までをカバーしようというコンセプトは若干詰め込みすぎな気がしなくもないが、「本+リノベ+宿泊施設」というアプローチはたしかに近年のブームではある。日販ならではの強みを最大限に生かすことができれば、本好きにとって魅力的な施設となることは確実だ。あとは、ブックディレクションのセンス次第といったところだろうか。続報を待ちたい。