はめにゅー

山梨県立文学館が「作家のデビュー展」開催 「文豪ストレイドッグス」とのコラボ企画も 7月15日から

山梨県立文学館では7月15日から特設展「作家のデビュー展」を開催する。期間中は漫画「文豪ストレイドッグス」とコラボした展覧企画も行われる。

山梨県立文学館では、7月15日から特設展「作家のデビュー展」を開催することとなった。また、期間中にはKADOKAWAヤングエースに連載中の文豪バトル漫画「文豪ストレイドッグス」(原作・朝霧カフカ、作画・春河35)とのコラボ展示企画も行われる。

特設展「作家のデビュー展」は、著名な作家たちのデビュー期の品々や状況について紹介する展覧会である。近代から現代に至るまでの作家について触れられており、芥川龍之介、太宰治、樋口一葉、宮沢賢治ら戦前の作家たちから、深沢七郎、林真理子など戦後や現代の作家まで、多くの作家の黎明期を知ることができる。山梨県立文学館に収蔵されている貴重な原稿や資料がふんだんに紹介されており、芥川龍之介の「羅生門」に関連する直筆ノートや、樋口一葉の直筆書簡なども展示される。期間中は小説家・辻村深月らによる講演会なども開催されるのでこちらも注目である。

同時に「文豪ストレイドッグス」とのコラボ企画も行われ、イラストパネルの展示やグッズプレゼント企画、紹介リーフレット配布などが行われる。

特設展「作家のデビュー展」は山梨県立文学館で7月15日(土)から8月27日(日)まで開催される。詳しい情報は下記サイトなどを参照のこと。