はめにゅー

めざせ「坊っちゃん文学賞」田丸雅智によるショートショート講座が開催

新設された坊っちゃん文学賞ショートショート部門に向け、審査委員長である田丸雅智による特別ワークショップが4月23日(日)、松山市立子規記念博物館にて開催される。受講の〆切は3日(月)まで。

来る4月23日(日)、松山市立子規記念博物館で田丸雅智によるショートショート執筆のための特別ワークショップが開催される。これは6月に〆切が迫っている第15回坊っちゃん文学賞に関連してのイベントで、初心者でも作品を完成させられるような講座になっているとのことだ。

1989年に創設された坊っちゃん文学賞は青春文学を対象とした文学賞で、過去に瀬尾まいこや中脇初枝といった人気作家を輩出していることでも知られている。現在募集中の第15回からはショートショート部門が新設されたことでも話題だ。

第15回坊っちゃん文学賞の作品募集がスタート ショートショート部門が新設

アサミ・ラムジフスキー

青春文学を大賞とした文学賞である「第15回坊っちゃん文学賞」の作品募集がはじまっている。今回からはショートショート部門が新設されたので、腕に覚えのある人は応募要項をチェックしてみよう。

今回開催される特別ワークショップは「坊っちゃん文学賞 ショートショート部門 特別ワークショップ」と題されており、講師を務める田丸雅智はショートショート部門の審査委員長でもある。応募を検討している人にとってはピンポイントに突き刺さるイベントだといえるのではないだろうか。

公式の告知文中には「小説を書いたことがない方、作文が苦手な方でも全く問題ございませんので、ご安心ください」との記述がある。これから創作にチャレンジしたい人にはまさにうってつけの機会となるだろう。

ワークショップへの応募は4月3日(月)必着なので、興味のある方は急がれたい。詳細は下記リンクを参照のこと。