はめにゅー

日本支配下で獄死した朝鮮人詩人・尹東柱の生誕100周年 日本各地でイベント開催

キリスト教信仰を素に多くの詩を作りながらも獄死した朝鮮人詩人、尹東柱。彼にゆかりのある日本の各地で生誕100周年イベントが行われる。

尹東柱(ユン・ドンジュ、1917~1945)は、満州の朝鮮人家庭で生まれ、後に日本による支配下の朝鮮に移った。キリスト教を信仰する家庭に育ち、学生時代から詩作に励み雑誌に投稿するなどしたが、通っていたキリスト教系学校が神社参拝を拒む方針を貫き廃校にされたり、創氏改名により名を変えられるなど、彼の生活には常に日本の圧力の影が付きまとった。1941年には自選詩集「空と風と星と詩」の出版を試みるが断念、友人達に小部数配布し、後にこれが尹東柱の名を広める事となる。1942年には日本に留学し、立教大学と同志社大学に通ったが、1943年7月に朝鮮独立活動家と認定され警察に逮捕された。そして1945年2月16日、福岡刑務所において27歳で獄死した。朝鮮が解放された後、徐々に彼の名は知られ、現在では朝鮮半島全体で愛される民族的詩人となっている。日本でも1980年代から彼の詩集の翻訳などにより知られる様になった。

尹東柱の活動は朝鮮と日本にまたがっており、朝鮮のみならず日本においても尹東柱を慕う人は多い。今年は尹東柱の生誕100周年であり、尹東柱が関わった日本各地でイベントが行われる。

多くの人々に愛され海を越えた詩人を思い起こすイベントの数々となりそうだ。

それぞれのイベントの詳細などについては下記リンクを参照の事。