破滅派がお送りする文学関連ニュース

奥州市立胆沢図書館が猫の館長を募集中

Gata blanca con ojos de distinto color

近年本離れや図書館離れが心配される中でも、新たな企画や行事を打ち出し本への関心を持ってもらおうと頑張る図書館も多い。

岩手県奥州市の市立胆沢図書館では、館内に以前から多く所蔵されていた猫関連の資料を集め、昨年夏に館内コーナーとして「猫ノ図書館」をプレオープンした。その後も徐々に作業が進み、2月22日にグランドオープンを迎えることとなったが、それに伴い広報の為に、猫の館長も公募することとなった。

応募条件は市内で飼われている成猫で、種類や性別は問わない。1月31日までが公募期限で、その後2月2日から2月7日までの間、胆沢図書館に併設されている胆沢市文化創造センターに猫のプロフィールが掲示され、来場者の投票により猫の館長が決定されるという。

猫の駅長ブームなどに続き、猫の館長ブームも来るのかも知れない。胆沢図書館のこれからに期待である。

関連記事