はめにゅー

ボブ・ディラン、ノーベル文学賞授賞式には参加せず 「先約がある」

ノーベル文学賞選考組織のスウェーデン・アカデミーは、ボブ・ディランが書簡で「授賞式に参加しない」と伝えてきた事を明かした。ただ、賞を受ける意思はあると言う。

ノーベル文学賞選考組織のスウェーデン・アカデミーは、ボブ・ディランが書簡で「授賞式に参加しない」と伝えてきた事を明かした。ただ、賞を受ける意思はあると言う。

2016年度ノーベルの文学賞の、それもミュージシャンとして初の受賞者となったボブ・ディランだが、授賞決定が明らかになってからの経過は非常にユニークであった。10月13日の発表から半月に渡りノーベル賞に関してディランは沈黙を貫き、選考委員達をやきもきさせたかと思えば、28日には沈黙を破り受賞する意思を示した。この時点では、はっきりとした言葉ではないものの、12月10日にストックホルムで開催される授賞式に参加するものと思われた。

しかし今月15日、ディランはスウェーデン・アカデミーに書簡を送り、「先約があるため授賞式には参加しない」意思を示した。ただノーベル文学賞を受賞する意思はあり、光栄に感じていると言う。

授賞式欠席は、稀ではあるものの先例が無い訳ではなく、欠席しても問題はない。ただし、授賞式から6ヶ月以内に記念講演を行う必要がある。この講演の形についても、通常の講演となるか歌唱する形になるか、話題になっている。

前回10月28日の記事で、私は(単なる憶測や期待ではあるが)「ディランがまた一展開起こしてくれるのでは」と考えたが、見事に起こしてくれた。ボブ・ディランは次はどんな姿を見せてくれるのだろうか。