はめにゅー

第37回日本SF大賞がエントリー作品を公募中

日本SF大賞はエントリー作品を公募するようになっており、現在応募受付中だ。小説のみならず、映画やアニメ、現実の出来事といったユニークなものも受け付けている。

日本SF作家クラブは2013年の設立50年を記念し、同年の日本SF大賞からエントリー作品の公募を行っている。現時点でエントリーされているのは次の作品。

このように、小説以外からも広く募っているのが特徴だ。最終的に日本SF作家クラブの会員投票によって5作品ほどの最終候補作品に絞り込まれる。エントリー対象となるのは2015年9月1日から2016年8月31日までに発表された作品なので、たとえばあなたが書いた作品を自薦することも可能だ。

応募〆切は2016年10月31日まで。応募方法は公式ページを参照していただきたいが、twitterでのリプライもしくはメールで受け付けている。

SFでは「SFファンダム」あるいは単に「ファンダム」と呼ばれる独特の世界があり、SF愛好家による自発的な運動が多く見られる。この日本SF大賞の公募もそうした運動の一環と言えるだろう。ちなみに、筆者の予想では、アニメ『君の名は。』が大賞になるのでは、と思うのだが、みなさんはいかがだろうか。