はめにゅー

山崎豊子の文学忌に命名 「豊子忌」に決定

『白い巨塔』『華麗なる一族』など作品のほぼすべてが映像化された社会派ベストセラー作家・山崎豊子の命日が、「豊子忌」と命名された。今後は毎年9月29日に山崎豊子にちなんだイベントや講演が開催される予定だという。

2013年に亡くなった作家・山崎豊子を偲ぶ文学忌の名称が「豊子忌」に決まった。山崎豊子文化財団によって発表されたもので、山崎本人の「直球勝負」だった人柄と重ねたものだという。今後、命日9月29日は豊子忌としてさまざまなイベントが企画されるそうだ。

偉大な作家の命日を偲ぶ文学忌は、その作家の個性を象徴するようなユニークな名称をつけられることが多い。太宰治の「桜桃忌」や芥川龍之介の「河童忌」、梶井基次郎の「檸檬忌」など作品タイトルにちなむものが目立つが、山崎豊子の場合は非常にシンプルな名称となった。

寡作ながら、『白い巨塔』『華麗なる一族』『沈まぬ太陽』などベストセラーを立て続けに世に出した山崎を偲ぶにしては、あまりにも芸のないネーミングに思われるかもしれないが、それには理由がある。これは、山崎本人の性格を重ねたものなのだ。検討段階では「花簾忌」や「華簾忌」なども候補に挙がったそうだが、半世紀以上も秘書を務めた野上孝子氏の「山崎先生は抽象的なことが嫌い」という意見が尊重された形だ。

命名後初となる2016年の豊子忌は、大阪市天王寺区・藤次寺にある墓所を一般公開することが決まっている。ほかにも、ゆかりの人物を招いての講演などが企画されているようなので、ファンは動向を見守っていこう。