はめにゅー

今年も5部門を実施 第10回島崎藤村記念文芸祭で作品募集中

第10回島崎藤村記念文芸祭の作品募集が開始されている。前回に引き続き、今回も現代詩、短歌、俳句、エッセイ、創作の5部門が実施される。

2016年7月19日(火)より、第10回島崎藤村記念文芸祭の作品募集がはじまっている。現代詩、短歌、俳句、エッセイ、創作の5部門が設けられており、それぞれ一般の部と小中学生の部に分かれている。応募は9月9日(金)までで、入選作品は11月から中津川市中央公民館で展示される予定だ。

島崎藤村記念文化祭は、藤村の故郷である岐阜県中津川市を中心に2007年から開始されている文芸祭だ。中津川の文芸活動の振興が目的で、優秀作には最大10万円の賞金が贈られる。当初は短歌部門と俳句部門のみの募集だったが、回を追うごとに部門が増えていき、昨年の第9回からは創作部門が加わって現在の体制となった。

一般の部の応募規定等は以下のとおり。

作品規定 審査員 賞金
現代詩 40行以内(1行20字以内) 大西美千代 特賞:30,000円

一席:15,000円

二席:10,000円

三席:5,000円

短歌 題材は自由 後藤すみ子 特賞:20,000円

一席:10,000円

二席:5,000円

三席:5,000円

俳句 題材および季語は自由

季語は必須

古田紀一 特賞:20,000円

一席:10,000円

二席:5,000円

三席:5,000円

エッセイ テーマは自由

400字詰原稿用紙5枚以内

吉村登 特賞:30,000円

一席:15,000円

二席:10,000円

三席:5,000円

創作 短篇小説または児童文学

400字詰原稿用紙20枚k以内

大島一洋 特賞:100,000円

一席:50,000円

二席:30,000円

三席:20,000円

 
小中学生の部については中津川市内在住または在学が条件だが、一般の部では15歳以上であれば誰でも応募が可能だ。この規模の文学賞としては賞金も高い部類に入るので、腕試しに応募してみてはいかがだろうか。