はめにゅー

第15回坊っちゃん文学賞の作品募集がスタート ショートショート部門が新設

青春文学を大賞とした文学賞である「第15回坊っちゃん文学賞」の作品募集がはじまっている。今回からはショートショート部門が新設されたので、腕に覚えのある人は応募要項をチェックしてみよう。

2016年7月26日(火)より、第15回坊っちゃん文学賞の作品募集が開始されている。従来の小説部門に加え、今回からはショートショート部門も新設された。〆切は2017年6月30日(金)まで。

坊っちゃん文学賞は、夏目漱石の代表作『坊っちゃん』にちなんで松山市が創設した文学賞だ。作品募集が隔年で行われるというめずらしい文学賞で、青春文学が対象となる。過去の受賞者には瀬尾まいこや中脇初枝など、のちに受賞歴を重ねることになる作家もおり、地方文学賞のなかではとりわけ注目度の高い賞だといえるだろう。

応募規定は以下のとおり。

【小説部門】
枚数:80枚以上100枚以下
賞金:大賞200万円 佳作50万円
審査員:椎名誠、早坂暁、中沢新一、高橋源一郎

【ショートショート部門】
枚数:15枚以下
賞金:大賞20万円 佳作5万円 子規・漱石特別賞5万円
審査員:田丸雅智、ウェス・じゃん=まーく、神野紗希、水鏡なお

気になるのはやはり、新設されたショートショート部門だろう。短編・掌編の文学賞が少なくなっている今、15枚以下と手頃な枚数で応募できるこの部門は応募者も多くなるのではないだろうか。そのぶん競争倍率も高くなりそうだが、腕に覚えのある人はぜひ挑戦してみよう。