破滅派がお送りする文学関連ニュース

ゴールデン街で芥川の曾孫・奈於氏を招いて『河童忌・記念会』開催

2016年7月24日(日)、新宿ゴールデン街のネコ文壇バー「月に吠える」において芥川龍之介を偲ぶ『河童忌・記念会』が開催される。芥川の曾孫である芥川奈於氏を招いた集いで、参加者それぞれが好きな芥川作品を持ち寄って語り合う会となる予定だ。

「月に吠える」といえば、ゴールデン街に数ある文壇バーの中でも一際ユニークな店として有名だ。「日本一敷居が低い文壇バー」を自称しているほどで、日頃から作家や編集者を招いたイベントも数多く開催されている。そんなバーで芥川の命日に開催されるのが、今回のイベントだ。

ゲストとして招かれる芥川奈於氏は、龍之介の長男・比呂志の孫で、現在はイラストレーター、コラムニストとして活躍している。フリーペーパー専門店「Only Free Paper」の初期スタッフだったことでも有名だろう。今回のイベントでは、親族だからこそ語れるエピソード、視点に期待したい。

当日は「芋粥」や「蜜柑のデザート」、さらには「地獄変」「羅生門」「杜子春」「3つの賽」と名づけられたカクテルなど、芥川作品にちなんだメニューも提供される。予約なしの当日参加もOKとのことなので、当日新宿へ寄る予定のある人はぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

関連記事