はめにゅー

南米コロンビアで発見された新種タランチュラ、あのノーベル賞文学者の名前にちなんで命名

南米のコロンビアで最近発見された新種のタランチュラ。学者たちはどんな名前を付けたのかと言うと……。

南米大陸北部、カリブ海にも太平洋にも面しているコロンビア共和国。豊富な生態系を持つこの国で、最近また新種の生物が発見された。新種のタランチュラとされたこの生き物に、学者たちはどんな名前を付けたのだろうか。

カリブ海に面するマグダレナ州のシエラ・ネバダ・デ・サンタ・マルタ山脈で発見されたこの新種のタランチュラは、現地で生活している先住民カンクアモ族と、ラテンアメリカが誇るノーベル賞文学者ガブリエル・ホセ・デ・ラ・コンコルディア・ガルシア・マルケス(Gabriel José de la Concordia García Márquez, 1928~ 2014)にちなみ、「カンクアモ・マルケシ(Kankuamo marquezi)」と命名された。

新種のタランチュラに関しては、過去に米国の伝説的歌手である故ジョニー・キャッシュにちなんで命名された「アフォノペルマ・ジョニーキャシ(Aphonopelma johnnycashi)」と言う物もある。ユニークな外見や特性は、ユニークな名前を引き寄せるのかもしれない。