はめにゅー

長野で7/1に都道府県立図書館サミット2016が開催 一般参加も募集中

長野県立図書館による『信州発・これからの図書館フォーラム』プロジェクトの一環で、『都道府県立図書館サミット2016』が7月1日(金)に開催される。図書館関係者向けのイベントだが、事前登録制で一般参加枠も設けられているので、図書館愛好者は申し込んでみてはいかがだろうか。

2016年7月1日(金)、長野・塩尻市立図書館で『都道府県立図書館サミット2016「直接・間接・併用の議論を超えて-新しい都道府県立図書館モデル」』が開催される。全国各地の図書館長や出版社の社長たちによるトークが繰り広げられる予定で、図書館愛好者にとっては貴重な話を聞く機会となりそうだ。

長野県立図書館では、2016年4月より『信州発・これからの図書館フォーラム』と題したプロジェクトを開始しており、継続的にさまざまな図書館関連のイベントが開催されている。今回の『都道府県立図書館サミット2016』もその一環として企画されたもので、これからの時代の公立図書館のあり方をあらためて考える場となる見込みだ。

予定されているプログラムは以下のとおり。

本イベントは図書館関係者向けの招待イベントとなっているが、一般参加枠も設けられている。Facebook経由で参加希望者を募集中(リンクは下記)なので、興味のある人はぜひ応募してみよう。