はめにゅー

2016年は『川端康成×芸術家たち』展 毎年恒例・川端生誕月記念展が開催中

大阪・茨木市立川端康成文学館で、生誕月記念企画『川端康成×芸術家たち―触発される創造の魂―』展が開催されている。石本正の裸婦画や中井貞次の染色など、川端と相互に影響を与え合った芸術家たちの作品を一堂に目にすることができる。

大阪・茨木市立川端康成文学館では、 2016年6月30日(木)まで『川端康成×芸術家たち―触発される創造の魂―』展を開催している。文学のみならず芸術全般への造詣が深かった川端は、芸術家との交流が盛んだったことでも有名だ。今回の特別展では、川端文学に影響をあたえた芸術作品を数多く取り上げている。

日本人初のノーベル文学賞作家・川端康成は、3歳から旧制中学卒業まで約15年間にわたって今の茨木市(当時は豊川村)に暮らしていた。最も多感な時期を過ごした地とあって、この街の風土が川端の作品に与えた影響は小さくないだろう。そうした経緯から1985年に創設されたのが茨木市立川端康成文学館で、遺品など400点以上を常設展示している。

今回の『川端康成×芸術家たち―触発される創造の魂―』展 は、毎年6月恒例の「川端康成生誕月記念企画」として企画されたものだ。川端を魅了した石本正の日本画や、『眠れる美女』をモチーフとした中井貞次の藍染め、林忠彦による川端自身の写真など、親交のあった芸術家や小説に影響を与えた芸術家たちの作品が約50点集められている。日本を代表する文豪のバックグラウンドに迫る展示なので、川端ファンならずともチェックしたい。