はめにゅー

日本初のロシア語センターが開校 創価大学で

6月11日、創価大学において、日本の大学が主体となって開いた初のロシア語センターが開校された。

東京都八王子市所在の創価大学で6月11日、日本初のロシア語センターが開校した。ロシア語センターは在日本ロシア大使館、ロシア基金「ルースキー・ミール(ロシアの世界)」、ロシア連邦独立国家共同体・在外同胞問題・国際人文協力局と言ったロシアの官民による後援がされており、万全の体制が整えられている。既に札幌にも、ロシアの極東連邦大学の分校としてロシア語センターが開設されているが、日本の大学が主体となって開いたロシア語センターはこれが始めてである。

オープニングセレモニーでは創価大学の馬場善久学長がロシアの文化を賛美した。また、ソ連の元大統領ミハイル・ゴルバチョフ氏からはロシア語センターの将来の発展を願ったメッセージも送られている。(ゴルバチョフ氏は創価大学から名誉博士号を授与されている。また現在創価学会名誉会長及び創価大学創立者であり大量の名誉博士号を持つ池田大作氏に、海外から初めて名誉博士号を授与したのはロシアのモスクワ大学であった)。

ロシア語センターは、創価大学のロシア語科(現在は「ユーラシア地域研究」に含まれている)と連携した教育的活動を行い、日本におけるロシア語やロシア文化の地位向上を行うと言う。ロシアの文学や詩は世界でも高く評価されており、日本でもトルストイ、プーシキン、ゴーリキー、ドストエフスキー、マヤコフスキーと言った名だたる人々を記憶する人々は多い。これから多くの研究や交流の成果がこのセンターから生まれる事を望みたい。